タネまき後の覆土をやめてみた

秋冬野菜のタネを播き直してきました。

台風なのか虫なのか、はたまた長雨の影響なのかは不明ですが、せっかく発芽した芽が消えてしまったからです(泣)

ちなみに今回はちゃんと新しいタネを使いました。

時期的に見て、これ以降のまき直しは厳しいかなと思ったからです。

下手に古いタネを播いて発芽しなかったら・・・ 今シーズンの秋冬野菜の収穫なし!というとても悲しいことになりますからね。

タネまきしたのは、小カブ、ミニ大根、春菊、サニーレタス、小松菜、水菜、ホウレンソウです。

タネ袋に書かれた「まきどき」が10月後半から11月頃までになっているものをホームセンターで適当に見繕ってきました。

これらのタネまきをするにあたり、いままで自分がしてきたタネまきと違った方法を試して見たので、今後のために、何を考えて、どのような意図でこうしたのかを書き留めておくことにします

“タネまき後の覆土をやめてみた” の続きを読む

古いタネでも案外使えるものだということを知る

ずーと前に使って、そのまま残っている古いタネってありますよね。

有効期限が過ぎてしまっているだけでなく、そもそもタネの寿命と言われる年数を過ぎているようなタネです。

そんなタネでもちゃんと発芽するということを知りました。

毎年タネは新しいものを使う・・・ というのも良いですが、手許に古いタネがあるのなら、試しに古いタネを使ってみるのも良いかもしれませんね。

“古いタネでも案外使えるものだということを知る” の続きを読む

野菜の種(たね)の有効期限のはなし

この記事は、有効期限を過ぎた野菜の種(たね)を使うときに注意することを紹介します。

野菜の種が入った袋には有効期限というものが書いてあります。

一見すると、それを過ぎたら種が使えなくなる・・・ みたいな印象がありますよね。

この種の寿命はそこまで、みたいなイメージです。

でも、実は違います。

有効期限が過ぎても普通にタネは使えますし、発芽もします。

有効期限 = 種の寿命ではありません。

なぜなら、あの有効期限は一緒に書いてある「発芽率」を保証するだけだからです。

ここまではこの発芽率を保証しますよってだけの話です。

有効期限は発芽率とセットで見るものなのです。

だから、有効期限が過ぎていても普通に使えるのですが、発芽率が保証されなくなる = 発芽率が悪くなる ということでもあるので、使うのならそこに注意する必要があります。

以下は、実際に私が有効期限を過ぎた種を使ったときの話です。

“野菜の種(たね)の有効期限のはなし” の続きを読む