秋冬野菜の大根(ダイコン)を小さな畑で育ててみる 冬どりあまうま大根編 その1

秋冬野菜として「冬どりあまうま大根」を育てています。

数年前に使用した有効期限が切れている古いタネで、9月初旬にダメ元で実験的にまいてみました。(参照記事:「白露(はくろ)に秋の野菜のタネをまく」

現在、無事に発芽して順調に生育中です。

収穫目安の半分を過ぎたので、中間報告としてこれまでの様子をまとめてみました。 “秋冬野菜の大根(ダイコン)を小さな畑で育ててみる 冬どりあまうま大根編 その1” の続きを読む

大根(だいこん)の育て方 栽培前の予習で黒くなる病気の原因を知る。

この記事は、私が秋に大根(だいこん)を栽培するにあたり予習した内容を紹介します。

家庭菜園で野菜をうまく育てるには、予習が大事だと思います。

なぜなら、野菜栽培は、後戻りができないからです。

やってしまってから間違いに気付いても、「元に戻す」ボタンはありません。間引いた芽は元に戻らないし、枯れた葉っぱも元には戻らないのです。

やらかしたら最後、ぜったい元には戻せない。

それが野菜の栽培です。

しかも、野菜は刻一刻と成長していきます。

どうしたらいいかわからないから、ちょっと待ってて・・・ というわけにはいきません。

その場、その時に対応しないといけないのです。

間違えたらアウトなのに、即答をもとめられるということです。

だから、いざそのときになって困らないように、予習をしておくことがとても大事だと思っています。

 

ということで、家庭菜園でオススメなのは 冬の大根(だいこん)だと思うで書いたように、すでに育てることが決まっている大根(だいこん)についても予習をすることにしました。

大根を育てるときに頭に入れておくべきことのほか、予習の過程でみつけた「おお、そうだったんだ」ということを書き留めておきます。

“大根(だいこん)の育て方 栽培前の予習で黒くなる病気の原因を知る。” の続きを読む

家庭菜園でオススメなのは 冬の大根(だいこん)だと思う

この記事は、私が秋冬の家庭菜園で必ず育てる野菜を紹介します。

秋の畑で何を育てるか・・・

8月も後半になると誰しもが悩むことですね。

私もまったく決まっていませんが、とりあえず大根(だいこん)を育てることだけは決定しています。

なぜなら大根(だいこん)は私の中では冬野菜の主役だからです。

まあ、夏野菜で言えばトマトみたいなものです。

まずはそいつを育てるスペースををキープし、空いたスペースに何を植えようかな・・・ と考える。

そんな菜園計画においてメインのポジションを占めるもの。

それが大根(だいこん)だということです。

もちろんこれは「私の場合はという話です。人によってはこれが白菜(はくさい)だったり、ネギだったりするかもしれませんが、私の場合は大根(だいこん)が冬野菜の主役になります。

それありきの野菜なので、秋になったら大根(だいこん)を育てるのは無条件で決定しているのです。

それに「家庭菜園はじめるけどオススメの野菜は何?」と聞かれたときも、即答で大根(だいこん)と答えています。

だって、主役ですからね。

“家庭菜園でオススメなのは 冬の大根(だいこん)だと思う” の続きを読む