ミツバチのオスは働かないでどこに行く?

二匹の雄蜂(ドローン)

この記事はミツバチのオスは普段何をしているのかと言う話を紹介します。

ミツバチにもオスがいますが、彼らはまったく働きません。

ミツバチの世界では働くのは働きバチだけで、その働きバチはすべてメスだからです。

では、その働かないオスはいったいどこで何をしているのか・・・

気になりますよね?

その答えは「婚活(こんかつ)」です。

実はミツバチのオスは働きもしないで、毎日婚活パーティに参加しているのです。

ミツバチのオスは婚活で忙しい

ミツバチのオス、彼らは交尾のためだけに存在しています。

だからまったく働きません。

無職です。

かといって、日がな一日、巣箱の中でゴロゴロしているかと言うと、そういうわけでもありません。

なぜなら、ミツバチの交尾は外で行われるからです。

お相手探し、婚活するには外にでないといけないということですね。

だから、オスバチは毎日ちゃんと外出します。

10時くらいになると、ブーンブーンと働きバチとは違ったデッカい羽音をたてて出かけて行きます。

で、暗くなる前に戻ってきます。

無職でもお家でゴロゴロしているわけではなく、毎日、ちゃんと婚活しているのです。

えらいでしょ雄バチ。

英語では「ドローン」と呼ばれ、なんなら怠け者の代名詞にされています。

でも、本当は怠け者ではないんですよ。

群れの遺伝子を残すために日々頑張っているんです。

まあ、無職なのは事実ですけどね・・・ 。

 

で、この婚活で面白いのは、彼らにはちゃんと「行く場所」があるということです。

お相手を探してそこらをプラプラと飛び回るのではなく、ちゃんと集合場所があるのです。

ひときわ高い木だとか、とんがった建物のてっぺんだとか、突き出した岩だとかそんなところに、方々の巣から雄バチたちが集まるのです。

雄バチの集合場所ですね。

で、交尾のお相手である「新しく生まれた女王蜂」もそこを目指して飛んでくるので、雄バチたちがみんなでその女王蜂を追いかけて交尾するのです。

ちなみにミツバチの場合、交尾したオスはその場で死にます。

鮭のオスように力尽きて・・・ とかじゃなくて、その瞬間に爆死です。

交尾するとオスの生殖器がまるっと千切れるらしいですよ。

生き物として本望を遂げられるので良いのかもしれませんが、ねえ・・・ とっても痛そうです。

 

まあ、ミツバチの世界にはそんな感じで交尾のための集合場所があるということです。

なんだか婚活パーティみたいだと思うのは私だけでしょうか。

お相手を探している男女が集まる場所ってやつです。

人間の場合は色々なパターンがあるみたいですけど、ミツバチの場合は男性陣が多くて女性陣が少ないタイプですね。

そんな感じの婚活パーティが日々開催されていて、雄バチは毎日それに参加しているのです。

朝、家をでて雄バチの集合場所にいく。

女王蜂がくれば追っかけ回し、こなければ家に帰って明日に備える。

もちろん蜜も花粉も集めたりしないので、ご飯は働きバチにもらうタダメシ。

ミツバチのオスは、そんな生活を日々送っています。

言い換えると、姉と妹(働きバチ)に養ってもらいながら婚活パーティに出席し続ける無職の男子(雄バチ)

それがミツバチのオスです(笑)

ということで、働かないオスはいったいどこで何をしているのか? の答えは「婚活パーティにいって婚活している」となります。

 

以上、働かないミツバチのオスはどこで何をしているのかと言う話でした。

では、また ^ ^

 

次のミツバチの記事>>ミツバチが大量に群がるあの行動の正体は?

前のミツバチの記事>>ミツバチに刺されるとどのくらい痛いのか?