蔵王温泉にいってきました 山形県山形市

この記事は蔵王温泉大露天風呂に行ったときのことを紹介します。

蔵王温泉大露天風呂は山形県山形市にある日帰り入浴施設です。蔵王温泉は開湯1,900年、日本屈指の古湯で奥州三高湯に数えられるほどメジャーな温泉地です。

2019年4月、GW(ゴールデンウィーク)の真っ只中に行ってきました。

以下、その時の詳細です。

“蔵王温泉にいってきました 山形県山形市” の続きを読む

GW(ゴールデンウイーク)に御所の台オートキャンプ場に行きました 秋田県八峰町

この記事は御所の台オートキャンプ場を利用したときのことを紹介します。

御所の台オートキャンプ場は秋田県の海沿い、かの有名な白神山地のお膝元にあります。

2019年5月、GWの真っ只中に利用しました。

以下、そのときの様子です。

“GW(ゴールデンウイーク)に御所の台オートキャンプ場に行きました 秋田県八峰町” の続きを読む

GW(ゴールデンウィーク)に西浜コテージ村・キャンプ場に行きました 山形県遊佐町

この記事は西浜コテージ村・キャンプ場にいったときのことを紹介します。

西浜コテージ村・キャンプ場は山形県の遊佐町にある海辺のキャンプ場です。

2019年4月、GWの真っ只中にテント泊1泊で利用しました。

以下、その時の様子です。 “GW(ゴールデンウィーク)に西浜コテージ村・キャンプ場に行きました 山形県遊佐町” の続きを読む

極上の湯を求めて奈良田温泉へ 山梨県早川町

この記事は山梨県にある奈良田の里温泉(女帝の湯)に行ったときのことを紹介します。

奈良田の里温泉(女帝の湯)は山梨県の早川町にある日帰り温泉施設です。かなりの山奥にありますが、トロトロでヌルヌルの極上のお湯がかけ流しで味わえます。

2018年10月の3連休、台風がそれて天気がよかったので久しぶりに奈良田の里温泉 (女帝の湯)まで行ってきました。

以下、そのときの様子です。 “極上の湯を求めて奈良田温泉へ 山梨県早川町” の続きを読む

朝霧高原で富士山をみながら冬キャンプ 静岡県富士宮市

この記事は1月の3連休に朝霧高原で冬キャンプをしたときのことを紹介します。

冬の富士山を見ながらキャンプをしたいと朝霧高原にいってきました。

氷点下になるという冬の朝霧高原、しかも当日は午後から雨予報でなんなら雪になるかもという悪条件です。

そんな朝霧高原での冬キャンプに「焚き火台さえあればなんとかなるはず・・・」とストーブやシェルターを持たずに行ってきました。

*正確にいうと持っていないです(笑)

つらつらとキャンプの様子を書いただけなのですが、冬の朝霧高原でキャンプをしてみたいという人の参考になればと思います。 “朝霧高原で富士山をみながら冬キャンプ 静岡県富士宮市” の続きを読む

山梨にある不二ホテルの日帰り温泉プランを利用してきました。

この記事は山梨にある不二ホテルに行ったときのことを紹介します。

不二ホテルは山梨の下部温泉(しもべおんせん)にある湯治宿です。下部温泉のなかでも温泉街からはちょっとはなれたところにあり、山あいの静かな雰囲気のなかで良質のぬる湯が味わえます。

湯治宿ではありますが日帰り温泉プランもあり、地元の方や常連さんが集う場所にもなっているようです。

実際に不二ホテルの温泉を日帰りで利用して感じたことなどを紹介しますので、立ち寄りで利用できる良質のぬる湯を探している方の参考になればと思います。 “山梨にある不二ホテルの日帰り温泉プランを利用してきました。” の続きを読む

伊豆の船原温泉にある日帰り温泉「湯治場ほたる」にいってきました

この記事は伊豆の船原温泉にある湯治場ほたるに行ったときのことを紹介します。

湯治場ほたるは伊豆半島のちょうど真ん中あたりにある「源泉100%かけ流し」をうたう日帰り温泉施設です。

名前に湯治場(とうじば)とつくだけあり、貸切個室や貸切風呂(露天風呂付き貸切個室)があって1日のんびり湯治をすることもできます。

今回、はじめて利用しましたが、昭和のレトロ感がある建物と渓流をのぞみながら入浴できる巨大な半露天風呂が印象的でした。

実際に湯治場ほたるをはじめて利用してみて感じたことなどを紹介しますので、伊豆で日帰り温泉を探している方の参考になればと思います。 “伊豆の船原温泉にある日帰り温泉「湯治場ほたる」にいってきました” の続きを読む

伊豆にある河津七滝オートキャンプ場で冬キャンプ 気にすべきはサイトの電源ではなく「すのこ」です。

この記事は河津七滝オートキャンプ場で快適な冬キャンプをするために知っておいたほうが良いことを紹介します。

2018年12月の終わり、数年ぶりに河津七滝オートキャンプ場に行ってきました。

河津七滝オートキャンプ場は、伊豆半島の東側、下田までもう少しの位置にあるキャンプ場です。伊豆でも南の方にありますし、場内に温泉があるので冬キャンプをするにはもってこいのキャンプ場です。 “伊豆にある河津七滝オートキャンプ場で冬キャンプ 気にすべきはサイトの電源ではなく「すのこ」です。” の続きを読む

街中でドバドバの源泉かけ流しが味わえるところ 深雪温泉 山梨県笛吹市

この記事は山梨にある深雪温泉の日帰り入浴のことを紹介します。

深雪温泉(みゆきおんせん)は山梨県笛吹市にある石和温泉郷にあります。

源泉かけ流しの温泉が味わえる旅館ですが、日帰りでの立ち寄り湯も受け付けてもらえます。グーグルの口コミでも評価が高く、アクセスも良いので本栖湖でキャンプをしたあとに訪問しました。

深雪温泉の日帰り入浴(立ち寄り湯)を実際に利用してみて感じたことやしっておいたほうがよいことを紹介するので、これから石和温泉にいこうとされている方の参考になればと思います。 “街中でドバドバの源泉かけ流しが味わえるところ 深雪温泉 山梨県笛吹市” の続きを読む

山梨県の本栖湖キャンプ場 実際に利用してみて思った「次はこうする」

この記事は、実際に本栖湖キャンプ場を利用して「次にくるときはこうしたほうがいいな」と思ったことを紹介します。

山梨県の本栖湖キャンプ場でキャンプをしてきましたで記事にしましたが、11月に本栖湖で冬キャンプを楽しんできました。

はじめて利用した本栖湖キャンプ場は思いのほか良いキャンプ場で、家族で楽しいひと時をすごさせてもらえました。

でも、はじめての利用だったので知らなかったことも多く、「次にくるときはこうしよう」と思うことがいくつかありました。

ざっくりいうと「おでかけ」と「もちもの」のことです。

自分が「次にくるときはこうしよう」と思ったことを書き留めただけなのですが、実際にはじめて本栖湖キャンプ場を訪問して感じたことなので、同じようにはじめて本栖湖キャンプ場を利用する人の参考になればと思います。

注)この記事で紹介している本栖湖キャンプ場の営業期間は11月末日までです。

※今シーズンは2019年1月14日まで暫定営業しているそうです(2019年1月6日更新情報より)。トイレ等の制限もあるようなので、詳しくは本栖湖キャンプ場のオフィシャルサイトをみてください。

ただ、今回記事を書くために調べたところ、2018年は年明けまでの延長を考えているみたいです(2018年12月3日更新情報より)。詳しくは本栖湖キャンプ場のオフィシャルサイトをみてください。 “山梨県の本栖湖キャンプ場 実際に利用してみて思った「次はこうする」” の続きを読む