花に来ているミツバチは実は結構お姉さん

今回は花に来ているミツバチのことを書こうと思います。

あの娘たち(働きバチはメスです)が実は結構お姉さんだという話です。

ふっと道端に咲くお花を見るとミツバチが来ていることがありますよね。

あっちの花からこっちの花へと、ときにお花に頭を突っ込んだりしながら忙しそうに飛び回っています。

ちょこまかとアクティブな動きを見せてはいますが、そのミツバチ、実は人でいうと結構な「姉さん(ねえさん)」です。

なんなら師匠クラスも混じっています。

なぜなら、働きバチは齢(とし)によってお仕事が決まっているからです。


働きバチを人の年齢に例えると

働きバチのお仕事は掃除や育児などいろいろあるのですが、蜜や花粉を集める仕事というのはその中で一番最後のお仕事になります。

なので、花に来ているミツバチは間違いなく巣の中でお姉さんのグループに属します。

これを人で例えると何歳ぐらいなのかというと、若くて50代前半、場合によっては80代になるかと思います。

働きバチの寿命は成虫になってからだいたい1ヶ月くらい(5週間くらい)です。

で、そのうちの前半で巣の中のお仕事、後半に巣の外でお仕事をするようになります。

日本人女性の平均寿命は87歳くらいなので、成人してからの人生は67年。

ミツバチの成虫 = 人間の成人(二十歳)として当てはめて見ると・・・

(87ー20)/ 2 + 20 = 53.5

だいたい50歳を超える頃に外に出て働き始めるということになります。

そして、働きバチに定年はありませんので、花に来ているミツバチは人でいう50代から80代くらいだという結論になります。

・・・ 。

結構なお姉さんですよね。

というか、半分は70代〜80代の師匠クラスです。

気をつけましょう。

花から花へとちょこまかと動き回るミツバチをみて、気軽に「かわいい!」なんて言葉を発してはいけません。

そのミツバチ、実はあなたよりだいぶ年上かもしれません(笑)

まあ、相手は女性なのでそれはそれで喜ばれるのかもしれませんがね。

以上、花に来ているミツバチは結構お姉さんなんだぞという話でした。

では、また ^ ^


次のミツバチの記事 >>>

前のミツバチの記事>>> ミツバチは冬のあいだ何をしているのか

ミツバチは冬のあいだ何をしているのか

今回は冬のミツバチのことを書こうと思います。

ミツバチは冬のあいだ何をしているのかという話です。

ミツバチって冬はどうしているの? 死ぬの?

養蜂をしているとよく聞かれます。

冬は花も少なくなりますし、野外で蜂たちの姿を見なくなりますからね。

彼らはいったいどこへ行ってしまうのだろう・・・という疑問を持たれるのだと思います。

答えは「巣にこもっている」です。

とはいえ、クマのように冬眠しているわけではありません。

ちゃんと起きてます。

ミツバチは覚醒したままで、巣の中で「おしくらまんじゅう」みたいなことをして冬を越します。

“ミツバチは冬のあいだ何をしているのか” の続きを読む

ミツバチが好きな花には特徴がある

今回はミツバチが好きな花のことを書こうと思います。

ミツバチが好む花、寄ってくる花にはどんな特徴があるのかという話です。

みなさんの中には、ミツバチはどんな花でも来るものだと思っている人がいるかも知れません。

私も養蜂を始める前はそう思っていました。

でも、違います。

彼らにも好みがあり、そこから外れた花にはあまり行かないのです。

“ミツバチが好きな花には特徴がある” の続きを読む

ミツバチに煙をかけるのには理由がある

今回はミツバチにかける煙(けむり)について書こうと思います。

蜂に煙をかける目的と、なぜ煙を使うのかという理由の話です。

養蜂家はミツバチに煙(けむり)をかけます。

これにはいくつかの目的があるのですが、一番はミツバチに「どいてもらうこと」です。

ミツバチは煙をかけられると、アタフタしてその場所から立ち去ろうとします。

なので、巣箱の中をチェックするときやハチミツを採るとき、その場所にいて欲しくないなと思ったときに煙をかけています。

では、なぜミツバチは煙をかけるとどいてくれるのでしょう?

これには面白い説があります。

それは古来より養蜂界にまことしやかに伝わるお話で、「ミツバチが煙を山火事だと勘違いする」というものです。

“ミツバチに煙をかけるのには理由がある” の続きを読む

ミツバチの近くで食べてはいけないもの

今回はミツバチと触れ合うときの注意事項について書こうと思います。

ミツバチの近くで食べてはいけないものがあるという話です。

蜂(はち)に関する注意事項でよく言われているのが、「黒い服で近づいてはいけない」と「匂いの強い整髪料や香水をつけない」の2つです。

でも、ミツバチに関してはもうひとつ「バナナを食べてはいけない」というのがあることをご存知でしょうか?

バナナとはあの黄色いバナナのことです。

ミツバチの巣のそばに行くとき、ミツバチがいる場所に行くときはバナナを食べてはいけません。

なぜなら、バナナの匂いはミツバチを攻撃的にさせるからです。

“ミツバチの近くで食べてはいけないもの” の続きを読む

雄蜂のお役目

今回はミツバチのオスについて書きたいと思います。

ミツバチのオスは働かないと言われていますが、じゃあ彼らは普段何をしているのかという話です。

働かないなら暇だろ、巣箱でゴロゴロしているに違いないと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

オスもそれなりに忙しくしています。

「働かない=やることがない」と言うわけではないからです。

雄蜂にだってちゃんとやることがあって、そのために毎日薄暗くなるまで外を飛び回っているのです。

知ってました?

働かないといわれるミツバチのオスも家に引きこもっているわけではないんですよ。

ちゃんと外出して、自分たちのすべきことをして帰ってくるのです。

じゃあ、そのすべきことって何か、いったい外で何をしているのかというと、それは「婚活(こんかつ)」です。

ミツバチのオスは婚活するために毎日いそいそ出掛けていくのです。 “雄蜂のお役目” の続きを読む

女王蜂の選ばれ方

今回は女王蜂のことを書こうと思います。

ミツバチの女王蜂がどのようにして決まるのかという話です。

養蜂をしているとよく質問されることのひとつに、女王蜂の選ばれ方というものがあります。

「女王蜂は巣の中に一匹しかいないらしいけど、アレっていったいどうやって選ばれるの?」

というやつです。

きっと多数決やらで特別な能力を持っているものが選ばれると思われているのでしょうね。

最も優秀なものが女王に・・・ みたいなイメージです。

でも、実際のところはまったく違います。

なぜなら、ミツバチの女王蜂というのは「たまたまなるもの」なのだからです。 “女王蜂の選ばれ方” の続きを読む

蜂蜜は蜂にとって何か?

今回はハチミツの話を書こうと思います。

ハチミツはミツバチにとって何かという話です。

ハチミツって何なの?

ミツバチを飼っていると、そんなことを聞かれることがあります。

みなさんハチミツを食べてはいるけど、それが一体なんなのか意外に知らないみたいです。

そんなとき私は「ハチミツはミツバチのご飯(ごはん)だよ」と回答しています。 “蜂蜜は蜂にとって何か?” の続きを読む

女王蜂の大きさを身近なものに例えると

今回はミツバチの女王蜂のことを書こうと思います。

女王蜂の大きさや形状を身近なものに例えると何かという話です。

大きさなんて図鑑を見れば分かることではありますが、数値でいわれてもピンとこない部分がありますよね。

女王蜂の体長はだいたい25mm前後です。

そんなこと言われたって、定規がないと25mmがどのくらいの大きさなのかよくわからないということです。

なので、女王蜂を見たことがない人にも、その大きさや形状を伝えられるものがないかなと身近なものを物色したところ良いものを見つけました。

女王蜂と同じサイズの文房具です。

“女王蜂の大きさを身近なものに例えると” の続きを読む

ミツバチの知られざる秘密 女王蜂のダイエット

この記事は女王蜂がするダイエットのことを紹介します。

ミツバチの女王蜂はダイエットをするということを知っていますか?

知らないですよね、普通(笑)

実はミツバチの女王蜂は意図的に痩せて小さくなるのです。

以下、その理由や方法などを説明していきます。 “ミツバチの知られざる秘密 女王蜂のダイエット” の続きを読む