ミツバチのオスとメス 男女の比率はどうなっているのか

この記事は、ミツバチの男女比のはなしを紹介します。

ミツバチにもオスとメスがいます。

メスは働き蜂と女王蜂で、オスは雄蜂と呼ばれています。

ミツバチの世界では、オスとメスはたまたま決まるものではなく、卵の段階で決まっているものです。

有精卵だとメス、無精卵だとオスになります。

そして、有精卵と無精卵は女王蜂が産み分けることができます。 “ミツバチのオスとメス 男女の比率はどうなっているのか” の続きを読む

蜜源植物のはなし 生垣にも花は咲き、ミツバチが来ることを知る 

この記事は、世の中には人知れず花をつけている蜜源植物があるよという話を紹介します。

蜜源植物という言葉をご存知でしょうか?

読んで字のごとくなのですが、蜜を出す植物です。

ざっくりいうとミツバチのごはんになる植物のことです。もっともっとざっくりいうと、蜂蜜が採れる、蜂蜜の元になる植物たちのことです。

色々な種類があるのですが、身近にある意外な植物が実は蜜源植物だったりします。

その中には、そもそもあれって花なんて咲くの?  というようなものもあります。

先日も、そんな「え、これって花が咲くんだ!」的な蜜源植物に出会いました。 “蜜源植物のはなし 生垣にも花は咲き、ミツバチが来ることを知る ” の続きを読む

ミツバチは針を使うと死ぬ・・・ とは限らない

この記事は、働き蜂、女王蜂、雄蜂それぞれの針のことを紹介します。

ミツバチは針を使うと死ぬ・・・ これはよく知られた話だと思います。

でも、これって働き蜂(はたらきばち)だけに当てはまることで、女王蜂と雄蜂には関係ありません。

それに針を使う相手にもよります。

そんな意外と知らないミツバチの針のことを、働き蜂、女王蜂、雄蜂の3つに分けて説明していきたいと思います。 “ミツバチは針を使うと死ぬ・・・ とは限らない” の続きを読む

セイタカアワダチソウの蜂蜜を見かけないのは何故か?

この記事はセイタカアワダチソウの蜂蜜のことを紹介します。

セイタカアワダチソウってありますよね。

あの秋になるとブワッとまとめて咲く黄色いやつです。

道路の脇だとか空き地でみかけることが多いと思います。

まわりの植物をやっつけるアレロパシーというチカラが強く、あたり一面に黄色くてファサファサした花を咲かせるので、見ようによってはとっても綺麗なのですが、一般的には雑草扱いの植物です。

というか、外来種だとか花粉症の原因だとか言われて、悪者のイメージが定着していると思います。

そんなセイタカアワダチソウからも蜂蜜が採れることを知っていますか? “セイタカアワダチソウの蜂蜜を見かけないのは何故か?” の続きを読む

ミツバチが大量に群がるあの行動の正体は?

この記事はミツバチの分蜂とは何か、そして出会ったときの対処法を紹介します。

春によくニュースでやるアレってなんなの? 都会にミツバチが大量に!? みたいなやつ。

これはミツバチを飼っていると、よくされる質問の一つです。

まあ、回答としては「単なる分蜂群(ぶんぽうぐん)だよ」ってことになるのですが、ミツバチと触れ合うことのない一般の人たちにとっては「なんじゃそれ?」って感じですね。

分蜂群(ぶんぽうぐん)ってのは、ざっくりいうと新居に引っ越し中のミツバチの群れです。 “ミツバチが大量に群がるあの行動の正体は?” の続きを読む

ミツバチのオスは働かないでどこに行く?

この記事はミツバチのオスは普段何をしているのかと言う話を紹介します。

ミツバチにもオスがいますが、彼らはまったく働きません。

ミツバチの世界では働くのは働きバチだけで、その働きバチはすべてメスだからです。

では、その働かないオスはいったいどこで何をしているのか・・・

気になりますよね?

その答えは「婚活(こんかつ)」です。

実はミツバチのオスは働きもしないで、毎日婚活パーティに参加しているのです。 “ミツバチのオスは働かないでどこに行く?” の続きを読む

ミツバチに刺されるとどのくらい痛いのか?

この記事はミツバチに刺されたときの痛みについて紹介します。

ミツバチに刺されるとどのくらい痛いの?

蜂を飼っているとこのような質問をよくされます。

まあ、刺される場所にもよるのですが、思っているほど痛くはないです。いうならば「インフルエンザの予防接種くらい」ですね。

“ミツバチに刺されるとどのくらい痛いのか?” の続きを読む

ミツバチのちょっとマニアな話 女王蜂の選ばれ方

この記事は女王蜂の選ばれ方についての話を紹介します。

女王は巣の中に一匹しかいないらしいけど、あれっていったいどうやって選ばれるの?

ミツバチを飼っているとよく聞かれます。

みなさんミツバチの女王蜂は選ばれるものだと思っているみたいです。

なので、どうやって選ばれるの? とか、どういうヤツが選ばれるの? とかいう質問をされるのだと思います。

でも、ちがいます。

別に選ばれません。

女王蜂っていうのは「たまたまなる」もんなのです。 “ミツバチのちょっとマニアな話 女王蜂の選ばれ方” の続きを読む

ちょっと悲しいミツバチの世界 女王蜂の寿命とは?

この記事は女王蜂の寿命についての話を紹介します。

ミツバチの女王蜂がどのくらい生きるか知っていますか?

試みに「ミツバチ 女王蜂 寿命」でググって見たところ、検索上位サイトにはその寿命は1~8年、4年、2~3年と書かれていました。

8年ってのはちょっと見たことがありませんが、実際に飼育している感じでは、だいたい2~3年といったところです。 “ちょっと悲しいミツバチの世界 女王蜂の寿命とは?” の続きを読む

ミツバチは煙(けむり)で太古の記憶がよみがえる・・・らしい

この記事はミツバチにかける煙(けむり)についてのお話を紹介します。

みなさんのもつ養蜂家のイメージってどんなでしょうか?

生活スタイルはではなく「見た目のイメージ」です。きっと、ネットのついた帽子をかぶって煙をプカプカしているイメージじゃないですかね。

あのプカプカしてる煙。なんのために使うか知っていますか?

これを読めば「なんで養蜂家が煙をプカプカしているか」がわかります。一般には知られていない知れば誰かにしゃべりたくなるはなしなので、茶飲み話にでもしてくれればと思います。 “ミツバチは煙(けむり)で太古の記憶がよみがえる・・・らしい” の続きを読む