ミツバチが家の中を飛び回っていたらどうするか?

今回はミツバチのことを書きます。

室内にミツバチがいるときの対処法です。

まあ、家の中にミツバチがいるなんてシチュエーション、養蜂家でもないかぎりそうそうあるとは思えませんが、もしそのような場面に出くわしたときにどうすれば良いかという話です。

“ミツバチが家の中を飛び回っていたらどうするか?” の続きを読む

人にハチミツを奪われるミツバチはかわいそうなのか?

この記事はハチミツの収穫はミツバチの役にも立つというはなしを紹介します。

ハチミツっておいしいですよね。

パンにかけたり飲み物にいれたり、甘くて香り高くてとても好きです。

だけどそんな甘くて美味しいハチミツも元を正せばミツバチの大事な食料、それを人が奪い取るのははかわいそうではないか・・・ そんな風に思っている人いませんか?

そんな人に朗報です。

実は、人間がハチミツを採るという行為は、ミツバチにとってそんなに迷惑なことではないのです。

というか、むしろ役に立ってます。 “人にハチミツを奪われるミツバチはかわいそうなのか?” の続きを読む

100匹のスズメバチに襲われたらミツバチは勝つことができるのか?

この記事はミツバチとスズメバチが戦ったらどうなるかという話を紹介します。

秋になると繰り広げられるミツバチとスズメバチの仁義なき戦い。

さて、どちらが勝つのでしょうか?

ミツバチが集団攻撃でスズメバチを倒して勝つんでしょというあなた、するどいです。

でも、実際はそうとは限りません。

ミツバチが集団でスズメバチを倒すことはよく知られていますが、コレって数あるミツバチ vs スズメバチの結末の一部分でしかありません。

本当は、もっと色々な結末が待っているのです。 “100匹のスズメバチに襲われたらミツバチは勝つことができるのか?” の続きを読む

ニホンミツバチ「だと思う」のはなし

ミツバチはセイタカアワダチソウの花が大好きです。

開花から2週間。巣箱からは靴下の匂いが漂い始め、ミツバチたちは足にオレンジ色の花粉をたくさんつけて帰ってきていました。

ちなみに「セイタカアワダチソウの蜜 = 靴下の匂い」です。

巣箱の前に咲いているセイタカアワダチソウを観察すると、何匹か訪花しているミツバチが確認できます。せっかくなので「セイタカアワダチソウを訪花するミツバチ」の写真を何枚か撮ってきました。

タイトル写真はそのうちの一枚です。

ただ、この子は我が社の社員のセイヨウミツバチではなくてニホンミツバチだと思います。

ニホンミツバチとセイヨウミツバチを確実に見分けられる自信がないので、あくまで「だと思う」だけです。なので、違ってたらごめんなさい m(_ _)m

ミツバチを飼っているのに「だと思う」とは何事だと思うかもしれませんが、それには理由があります。

以下に、その「だと思う」理由をまとめておきます。

“ニホンミツバチ「だと思う」のはなし” の続きを読む

セイタカアワダチソウと塩害

蜂場の周りでセイタカアワダチソウが咲き始めました。

台風24号の直後は、萎れたセイタカアワダチソウが目につき心配していたのですが、枯れずに生き残ってくれたようです。

例年より少ない気がしないでもないですが、とりあえず全滅したわけではなさそうなので安心しました。

秋の主力蜜源ですからね。

“セイタカアワダチソウと塩害” の続きを読む

きっと誰かに話したくなる「ミツバチの巣」のはなし

この記事はミツバチのつくる「巣(す)」のことを紹介します。

ミツバチの巣が六角形をしている知っていますよね? でも、そもそもその六角形がどうなっていて、何に使われているのかはあまり知られていないと思います。

巣(す)とはいいますが、ミツバチが中で寝てたりはしませんよ(笑)

この記事をよむと知れば誰かに話したくなる「ミツバチの巣」のひみつを知ることができます。茶のみばなしのひとつに加えてください。 “きっと誰かに話したくなる「ミツバチの巣」のはなし” の続きを読む

女王蜂は「作られる」ものである

この記事は、女王蜂は作られるものだという話を紹介します。

ミツバチの世界のことをあまり知らない方でも「女王蜂(じょおうばち)」というのが巣の中にいることは知っているかと思います。

そして、その女王蜂は巣の中に1匹しかいないこともよく知られています。

でも、この女王蜂、実は「作られる」ものだということを知っていますか?

働きバチが女王蜂を作るのです。

女王蜂がどうやって作られていくのか、ざっくりと説明していきますね。

“女王蜂は「作られる」ものである” の続きを読む

蜜蝋(みつろう)やプロポリスを簡単に落とす方法

蜜蝋やプロポリスの汚れというのは養蜂につきものなのですがとても厄介な代物です。

普通に洗っても落ちませんからね。

養蜂器具にくっついた蜜蝋やらプロポリスを落とすのに良い方法を見つけたので紹介します。

*お鍋やボウルについてしまった蜜蝋の落とし方は別記事の蜜蝋の簡単な落とし方に書いています。

“蜜蝋(みつろう)やプロポリスを簡単に落とす方法” の続きを読む