過去と未来がわかる ミツバチと算数のはなし

女王蜂のアップ写真

この記事はミツバチと算数のはなしを紹介します。

養蜂家って自然のなかでのんびりとミツバチの巣箱をいじっているイメージがありますよね。

実際は違います。

のんびりしているようにみえて、じつは頭の中はフル回転しているのです。なぜならミツバチを飼うためには「計算」が不可欠だからです。

これを読めば、そんな養蜂家しか知らないミツバチと算数のはなしを知ることができます。

蜂蜜(はちみつ)入りのお菓子をたべてるときにこの話をすれば、ちょっとだけ場を盛り上げることができるかもしれません。

ミツバチと算数

働き蜂のアップ写真

あまり知られていませんが、ミツバチの飼育をしていると計算がついてまわります。

それは「ミツバチは大人になるまでの日数がきまっている」からです。

昆虫にしてはめずらしく育児をするせいかもしれませんが、ミツバチの子供たちは狂いなく同じスケジュールで成長するのです。

なので、その成長スケジュールさえ知っていれば、数日後の様子も数日前の様子も、いまの状況から推測することができるのです。

いまの状況をみれば「いますべきこと」と「これからすべきこと」が決められるということです。

でも、逆に計算しないと「いますべきこと」も「これからすべきこと」もわからないともいえます。

なので、ミツバチの飼育をしていると計算がついてまわることになります。

燻煙器をプカプカしてお気楽そうにみえる養蜂家も、頭の中はめまぐるしく回転しているのです(笑)

ミツバチが大人になるまでの日数と、その寿命

ミツバチが大人になるまでの日数は性タイプによってちがっていて、働き蜂は21日、女王蜂は16日、雄蜂は24日になります。

さらに、この日数は、卵、幼虫、蛹(さなぎ)とそれぞれの形態ごとに決まっています。

働き蜂の場合は、卵が幼虫になるまでに3日、幼虫が蛹になるまでに6日かかります。そして、蛹が成虫になるのには12日かかります。

3+6+12=21日になるのですが、3、6、12と倍々になって行く数字に何か謎めいたものを感じてしまうのは私だけでしょうか・・・ 。

まあ、これはどうでも良い話ですね。

今回は省略しますが、女王蜂と雄蜂も同じようにそれぞれの形態ですごす日数がきまっています。

そして、大人になったミツバチの寿命もある程度は決まっています。

働きバチは5週間、女王蜂は2~3年です。

雄蜂は女王蜂との交尾に文字どおり命をかけていて、交尾に成功するとそのまま死んでしまいます。他にも諸事情があるのですが、語りはじめると長くなるので別の機会にします。

ミツバチの生涯を人に例えると・・・

働き蜂は21日間で大人になり、5週間で寿命を迎えるのですが、これも少しだけ見方をかえると、イメージが広がっておもしろくなります。

  • 21日で大人になる → 1日=1年と考えると、二十歳(はたち)で成人する *本当は21ですけど、ざっくりのイメージです。
  • 5週間で寿命が来る → 1週間=10年間とすると、成人したあと50年くらいで寿命をむかえる

なんだか人の一生に似ているとおもいませんか?

ちなみに大人のミツバチのお仕事は週ごとに変わっていきます。これも人の一生にたとえてみると結構おもしろいですよ。

関連記事>>ハチミツを作っているのは誰か?

ミツバチと算数(実技編)

巣門の前で働くミツバチ

ここからは実際に「ミツバチ(働きバチ)が21日で大人になり、5週間で寿命をむかえる」という知識をつかって、巣箱の中のミツバチがどんな状況なのかを推測してみることにします。

対象はミツバチの女王蜂は働き蜂に「つくられる」って知ってますか?で紹介したモニカの群れです。ちなみにモニカは女王蜂の名前です。

先日(9月8日)、巣箱のなかをみたらミツバチが減っていました。彼らにいま何が起きているのか? なにかしなければいけないのか? を考えます。

モニカの群れの基本情報

  • 7月27日に女王不在となった
  • 8月25日にモニカの産卵を確認(小さい幼虫がいた)
  • 9月8日に中を見たらミツバチが減っていた

何が起きているかを推測する

これらの情報をもとにいろいろ計算すると、こんなことがわかります。

9月8日現在「巣箱の中のこどもはすべてモニカの娘で、大人はすべて50代以上のモニカの姉妹で、20代~40代の若手は一人もいない。しかも、大人の数は通常の半数以下になっている」ということです。

ひとつずつ解説していきます。

子供はすべてモニカの娘、大人はモニカの姉妹

まず、モニカの娘が大人になるのはいつかを考えます。

8月25日に小さな幼虫がいたということは、21日間あるこども時代のうち少なくとも3日は経過していることがわかります。卵が孵化するのに3日かかるからですね。

なので、18日後の9月10日以降にならないとモニカの娘たちは羽化しないことがわかります。大人になるのに21日かかるからですね。

ということは、9月8日に巣箱の中にいる大人たちは、すべて先代の女王蜂の娘でモニカの姉妹だということになります。モニカの娘たちはまだ子供で羽化していないからです。

では、こどもたちのほうはどうでしょう。

これはすべてモニカの娘になります。先代の女王蜂の娘、モニカの姉妹はいません。それは先代の女王蜂がいなくなったのが7月27日だからです。先代の女王蜂の子供は21日後の8月17日にはすべて大人になっているのです。

だから、9月8日の時点で巣箱にいるミツバチは、大人はすべてモニカの姉妹、子供はすべてモニカの娘となります。

大人の数と世代別の構成

次に大人の数とその世代別の構成の問題です。

これは、産卵がなかった期間が関係します。モニカたちの場合は先代がいなくなった7月27日からモニカが産卵を開始するまでの期間です。8月25日にはすでに幼虫がいたので、その3日前の8月22日が産卵を開始した日になります。卵が孵化するのに3日かかるからですね。

だから、7月27日から8月22日までの期間が産卵がなかった期間になります。三週間以上ですね。

ミツバチの大人になってからの寿命は五週間くらいです。そのうちの三週間以上が人口が増えない期間なのです。

人でいえば50年のうちに30年以上こどもがうまれてこないことになります。

結構ヘビーですよね。

寿命で日を追うごとに大人の数が減っていき、最終的には通常の半分以下の大人の数になるということです。

さらに、世代別の人口にも空洞がうまれます。ミツバチを20歳で大人になり70歳で寿命をむかえる人間にたとえると、9月8日現在、巣箱の中にいる大人は一番わかくても50代ということになります。

なぜなら、いちばん若いミツバチは8月17日に羽化したものなのだからです。

  • 20代 1週目(8月17日~8月23日)
  • 30代 2週目(8月24日~8月30日)
  • 40代 3週目(8月31日~9月6日)
  • 60代 5週目(9月14日~9月20日)

推測した結果から対処法を考える

無事に世代交代をしたモニカたちですが、だいぶゆがんだ社会構造になっていることがわかりました・・・。

じゃあ、なにか手を打つかという話になりますが、未来をになってくれるモニカの娘たちはちゃんと育っています。

ゆがみは徐々に修正されていくはずなので「あたたかくみまもる」という結論になります。

まとめ

ミツバチと算数のはなしをまとめるとこんな感じです。

  • ミツバチの飼育には計算が不可欠。
  • なぜなら、ミツバチが大人になる日を計算して、しなければいけないことを考えるから。
  • 働き蜂は大人になるまでに21日間かかり、大人になったら5週間で寿命をむかえる。見方をかえると人の一生に似ている。

以上、知れば誰かに話したくなるミツバチと算数のはなしでした。

では、また^ ^

 


次のミツバチの記事>>>彼岸花をみておもう ミツバチはイワシみたいなもの・・・

前のミツバチの記事>>>きっと誰かに話したくなる「ミツバチの巣」のはなし