ミツバチのオスとメス 男女の比率はどうなっているのか

ミツバチの卵

この記事は、ミツバチの男女比のはなしを紹介します。

ミツバチにもオスとメスがいます。

メスは働き蜂と女王蜂で、オスは雄蜂と呼ばれています。

ミツバチの世界では、オスとメスはたまたま決まるものではなく、卵の段階で決まっているものです。

有精卵だとメス、無精卵だとオスになります。

そして、有精卵と無精卵は女王蜂が産み分けることができます。

では、産み分けられるのなら男女比が同じくらいになるかというと、そんなことはありません。

雄蜂の数は圧倒的に少なく、自然な状態での雄蜂の数は巣の中の1割くらいだと言われています。

残りはすべてメスなので、男女比でいうと圧倒的にメス優位な社会、それがミツバチの世界です。

これを聞いてメスが多くていいな・・・ と思う男性陣もいるかもしれませんが、勘違いしてはいけません。

なぜなら、交尾するのは女王蜂だけだからです。

女王蜂は1匹だけで、大多数を占める働き蜂が交尾をすることはないので、男女の関係においては女子一人に多数の男子が群がるという社会なのです。

関連記事>>>ミツバチのオスは働かないでどこに行く?

まあ、男女の関係においての比率はさておき、全体の数からすると少数派であるのは間違いない雄蜂ですが、養蜂家が飼育している場合、その数はさらに少なくなります。

というか、ほぼゼロです。

巣箱の中に雄蜂はほとんどいません

女王蜂ほどではないですが、雄蜂はかなりのレアキャラです。

なぜなら、養蜂家は雄蜂を作らせないようにしているからです。

女王蜂がオスとメスを産み分ける基準は何か

雄蜂を作らせないようにする・・・ そんなことできるのか? と思われるかもしれませんが、飼育されているミツバチなら可能です。

それは、女王蜂がどうやってオスとメスを産み分けているかを知ることで可能になります。

ミツバチのオスとメスを分けるのは有精卵(メスの卵)かそうでないか(オスの卵)なのですが、そもそも女王蜂は何を基準にどちらの卵を産むかを決めているのか・・・ という話です。

女王蜂は何を基準にしているのでしょうか?

 

その答えは・・・ 卵を産みつける部屋の大きさです。

ミツバチの巣は「巣房(すぼう)」と呼ばれる六角形の部屋がたくさん並んでできています。

女王蜂はその部屋の大きさによって、オスの卵かメスの卵かを産み分けているのです。

知ってました? 賢いでしょミツバチ。

女王蜂は大きめの部屋にはオスの卵、小さめの部屋にはメスの卵(働きバチの卵)を産みます。

だから、オスを作らせないようにするためには、大きめの部屋を作らせないようにすればよいということになります。

雄蜂をつくらせない養蜂家

大きめの部屋を作らせないようにする・・・ これは巣礎(すそ)と呼ばれる養蜂グッズを使うことで可能になります。

巣礎はミツバチが巣を作るときの土台となるもので、蝋(ろう)で作られたシート状のものです。

シートには六角形の型が押してあり、その上にミツバチが蜜蝋を盛りあげて部屋を作っていきます。

なので、巣礎の型押しをすべて小さめの部屋(働き蜂の部屋)にしてしまえば、ミツバチはオスがつくれなくなるという話です。

たいていの養蜂家はこの巣礎を使っています。

巣礎を使ってオスはつくらせず、巣箱の中をメス(働き蜂)だらけにしています。

オスは働かない(蜂蜜とってこない)からいらないというわけです。

まあ、オスが煙たがられる理由は他にもあるのですが、話が長くなるのでそれはまた今度にします。

かくして養蜂家が飼育しているミツバチはオスがほぼいない・・・ という状況になっています。

 

ちなみにこれは飼育されているセイヨウミツバチのはなしで、飼育されているニホンミツバチの場合はたいてい巣礎をつかわないで、オスとメスの比率はナチュラルになっています。

 

以上、ミツバチの男女比の話でした。

では、また ^ ^

 

前のミツバチの記事>>>蜜源植物のはなし 生垣にも花は咲き、ミツバチが来ることを知る