ちょっと悲しいミツバチの世界 女王蜂の寿命とは?

女王蜂

この記事は女王蜂の寿命についての話を紹介します。

ミツバチの女王蜂がどのくらい生きるか知っていますか?

試みに「ミツバチ 女王蜂 寿命」でググって見たところ、検索上位サイトにはその寿命は1~8年、4年、2~3年と書かれていました。

8年ってのはちょっと見たことがありませんが、実際に飼育している感じでは、だいたい2~3年といったところです。

もちろん、ものによっては半年しか生きないもの、4年目に突入するものもいました。

でも、印象的には2年目、3年目で寿命を迎えるものが多いように思います。

これを聞いて何も知らない人は「ふーん、そうなんだ。ミツバチの女王蜂は2〜3年いきるんだね」と思っておしまいです。

でも、この「女王蜂の寿命」という言葉には、少し物悲しいストーリーが隠されているのです。

というのも、女王蜂は「更新」されるものだからです。

更新ってのは、そのまんまの意味で、使えなくなったから新しいものに交換するってことです。

そう、女王蜂は「使えなくなると交換される」ものなのです。

「誰にそんなことされるの? 養蜂家でしょ、人間てひどい・・・。」  と思うかもしれませんが、それは違います。

女王蜂の更新をするのは、他でもない巣の仲間であり、自身の娘でもある「働きバチ」なのです。

ミツバチの女王蜂は「更新」されるもの

女王蜂

働きバチは「この女王蜂、何だかつかえないな・・・。」と判断すると、新しい女王蜂を作り始めます。そして、新しい女王バチが生まれると、古い女王バチはお払い箱にされてしまうのです。

なんだか機械の部品みたいな話ですが、養蜂用語で「換王(かんおう)」、カタカナ英語で「リクイーン」と言われていて、ミツバチ自身がやる自然の摂理です。

そして、その「使えない」と判断されるのがだいたい2~3年目くらいなのです。

生まれた年を1年目だとすると、2年目、3年目ににはたいてい新しい女王蜂に更新されるということです。

それが女王蜂の寿命は2~3年だということの真の意味です。

これって何だか生き物に対して使う「寿命」とはちょっとニュアンスが違うと思いませんか?

生き物に対して使う「寿命」って言葉は、もう少しなんというか生命感がありますよね。

その生き物の生命力が「ふっ」と途切れるとき・・・、みたいな感じです。

でも、女王蜂の寿命については、どちらかというと機械なんかに使う「寿命」、いわゆる「耐用年数」に近いニュアンスなのです。

ちょっと物悲しくなってきますよね。

実の娘たちに「あなた使えないからもういらない、新しいのにするわ」と言われ、捨てられるんです。

自然の摂理だとはいえ、とても悲しいストーリーです(泣)

しかも、です。

ここまでの話には、さらに悲しさを上書きする事実が隠されているのです。

それは「使えない」と判断される理由です。

女王蜂の寿命を決めるのは「産卵」

女王蜂

女王蜂が更新される理由、それは「産卵」です。

なぜなら、女王蜂の仕事はそれしかないからです。その唯一の仕事、「産卵」が正しくこなせるかどうかに「疑い」が持たれたとき、働きバチによって女王蜂は更新されます。

では、その「疑い」を持たれるきっかけは何か? という話になります。

たいていは、実際に産卵数が少ないときです。以前に比べて少なくなったり、他の群れと比べると明らかに劣るなどです。

どういう仕組みかわかりませんが、働きバチはそのへんを敏感に察知するのです。

そして、ポイントは「産卵が少なくなる理由」にあります。

もちろん生き物なので生命力が尽きるとき、燃え尽きるに従って段々と産卵する力が弱くなってくる・・・。これはあると思います。

でも、ミツバチの女王バチについては、それ以外にもう一つの特別な理由があるのです。

それは「弾切れ(たまぎれ)」です。

女王蜂は生涯に一度しか外に出ません。

その生涯一度の外出時に雄バチと出会い、交尾をすませて巣に戻ってきます。

これを「交尾飛行(こうびひこう)」といいます。

ちなみに交尾自体は複数の雄バチとします。あくまで交尾飛行にでるのが一度きりということです。

その後、分蜂とよばれる巣別れを除き、死ぬまで外に出ることはありません。

ひたすら巣の中で産卵だけをして、その生涯を終えます。

で、ここがポイントです。

女王蜂は、一度きりの交尾飛行で複数の雄バチから授かった「弾(たま)」を体の中にためておくのです。

そして、その貯め込んだ「弾(たま)」を小出しにして有精卵を産むのです。

これが何を意味するかわかりますね?

弾(たま)には限りがあるということです。

ちなみにミツバチは有精卵がメス、無精卵がオスになります。そして、働きバチはすべてメスです。

巣を切り盛りする働きバチを作るためには「弾(たま)」が不可欠であり、それには「限りがある」のです。

そして、その弾(たま)を使い果たしたとき、それが「弾切れ(たまぎれ)」になります。

当然、弾(たま)をたくさん使えば、それだけ早く「弾切れ(たまぎれ)」しますし、そもそも最初に授かった「弾(たま)」が少なければ「弾切れ(たまぎれ)」するのも早くなります。

もう少し具体的にいうと、旺盛な産卵をすると早く「弾切れ(たまぎれ)」し、交尾した雄バチの数が少なければそれだけ早く「弾切れ(たまぎれ)」するということになります。

そして「弾切れ(たまぎれ)」するということは、「 有精卵を産めなくなる = 働きバチを産めなくなる 」ということです。

それは「産卵が正しくこなせている状態でない」のは言うまでもありません。

なので、女王蜂は働きバチによって「更新」されることになります。

生き物としての生命力の残量、余命を無視して、女王蜂としての「機能」を果たせなくなった時点で「更新」されるのです。

うーん・・・ なんだかなあって感じですよね。

女王蜂、完全にマシン扱いですから。

 

実際にこの春、私が飼育する群れのうちの一つが早々に更新されました。

去年の秋口に生まれた女王蜂です。

たぶん、交尾飛行で雄バチとの交尾が不十分だったのだろうと思います。

なぜなら、秋は春夏に比べて雄蜂の数が少ないからです。

雄バチは働かないので、寒くなり餌が少なくなると働きバチによって「処分」されるのです。

とはいえ、直接手を下すわけではなく外に追い出すだけです。雄バチは餌がとれないので餓死、もしくは凍死することになります。

その結果、秋は春や夏に比べて雄蜂の数が少なくなるので、当然、授かる「弾(たま)」も少なくなる可能性が高いというわけです。

一応、産卵はしていたのですがね・・・。ダメだったみたいです。

春に菜の花が咲き、巣が活気付いたところでいつのまにか女王蜂がいなくなっていました。

まだ、シーズン始まったばかりなのに・・・(泣)

こんな感じで、まだ半年しか生きていなくても、働きバチに「産卵が正しくこなせていない」と判断されると、ささっと新しい女王蜂に更新されてしまうのです。

こうなると女王蜂の寿命は、機械で言うところの耐用年数ですらないですよね。

いつまで生きられるかは消耗品の残量次第ってことになります。

そう、実は女王バチの寿命が2〜3年というのは、単に「弾(たま)」という「消耗品」がなくなる時期が2~3年後だということを表しているだけなんです。

なんだか「寿命」という言葉から受ける印象とはかけ離れている気がするのは私だけでしょうか・・・。

まとめ

女王蜂の寿命は2~3年。

でも、これはその頃になると新しい女王蜂に「更新」されるというだけのこと。

いわば、女王蜂の「耐用年数」のようなもの。

しかも、それは産卵に必要な「弾(たま)」という「消耗品」がなくなるのが、だいたいそのくらいの時期だというだけの話。

決して、生き物としての生命力が尽きるときではない。

以上、女王蜂の寿命の話でした。

では、また ^ ^

 

次のミツバチの記事>>>ミツバチのちょっとマニアな話 女王蜂の選ばれ方

前のミツバチの記事>>>ミツバチは煙(けむり)で太古の記憶がよみがえる・・・らしい