きっと誰かに話したくなる「ミツバチの巣」のはなし

ミツバチの巣房のアップ写真

この記事はミツバチのつくる「巣(す)」のことを紹介します。

ミツバチの巣が六角形をしている知っていますよね? でも、そもそもその六角形がどうなっていて、何に使われているのかはあまり知られていないと思います。

巣(す)とはいいますが、ミツバチが中で寝てたりはしませんよ(笑)

この記事をよむと知れば誰かに話したくなる「ミツバチの巣」のひみつを知ることができます。茶のみばなしのひとつに加えてください。

ミツバチの巣は巣房(すぼう)があつまってできている

持ち帰った蜜専用の巣枠の写真

もちかえってきたミツバチの巣です。

ミツバチの巣箱の中にはこんなのが何枚も縦に並んで入っています。木でできた枠の部分を「巣枠(すわく)」と呼び、木の枠の中にある六角形が規則正しくならんでいるところが、ミツバチがつくった「巣(す)」になります。

それぞれの六角形は直径5ミリ、深さ10ミリ程度の「筒状の部屋(へや)」になっていて、ひとつずつミツバチが「蜜蝋(みつろう)」で作ります。

この部屋のことを「巣房(すぼう)」と呼び、その巣房がたくさんあつまったものがミツバチの巣になります。

ミツバチの巣は六角形の部屋がたくさん並んだワンルームマンションみたいなものなのです。

*ちなみに巣枠は写真の下側が地面にむいて巣箱にはいります。

ハニカム構造なのに・・・

ハチの巣の形状をまねした丈夫なつくりを「ハニカム構造」というので、なんとなく「ハチの巣 = 強い」強いイメージがあるとおもいます。

でも、蜜蝋(みつろう)で作られた巣房(すぼう)はとてももろく、さわるとすぐに壊れてしまいます。

お菓子のマカロンみたいにカシュッとつぶれます。

写真の右上あたりが窪んでいるのがわかると思いますが、持ち帰るときにちょっとぶつけてこわしてしまいました。

でも、このくらいならミツバチがすぐに直してくれるので問題なしです。

巣房(すぼう)は「なに」に使われる?

女王蜂と有蓋蜂児の写真

巣房(すぼう)はミツバチの生活の拠点で、「育児」と「食料の保存」の両方に使われています。

子供を育てる

ミツバチの子供は巣房で育ちます。

女王蜂(じょおうばち)は空いている巣房をみつけると、巣房の底の中央に正確に卵を産みつけていきます。1粒ずつです。

産みつけられた卵は数日後に孵化(ふか)し、孵化した幼虫は働きバチからエサをもらいながら蛹(さなぎ)になり、蛹はやがて成虫(せいちゅう)になって巣房から出ていきます。

巣房ひとつにつき1匹のミツバチが育てられるのです。

ちなみに巣房の中は大人のミツバチの居住空間ではありません。大人のミツバチは巣房の中で寝たりはしないのです。夜にみんなが巣房の中に入って顔出してたりしたら可愛いですけどね。

残念ながら、ミツバチの成虫は巣房の表面にへばりついて過ごします。

ハチミツをつくる

そして、巣房はハチミツをつくって保存する空間でもあります。

ミツバチが外から集めてきた花の蜜は、巣房に入れられてハチミツに加工されていきます。

そして、できたハチミツはそのまま巣房の中に保管されます。

その際、ハチミツが入った巣房は蜜蝋(みつろう)で封(ふう)をされます。それは「蜜蓋(みつぶた)」と呼ばれていて、ハチミツが完成した証(あかし)になります。

関連記事>>ハチミツを作っているのは誰か?

花粉をいれる

ハチミツのほかに、巣房には「花粉(かふん)」も保存されます。

ミツバチが足につけて持ち帰る色とりどりの花粉は、巣房に詰め込まれていきます。

その方法は「頭突き」です。

ミツバチは頭を器用に使って巣房に花粉を詰め込んでいきます。花粉はぺちゃんこに潰れているので結構な力加減だと思います。

花粉はハチミツに比べると消費が早いのか蝋(ろう)フタをかけたりはしません。

なので、巣を持ち上げるとオレンジや黄色、白、ねずみ色などカラフルな花粉の色合いをそのまま見ることができます。

このように巣房はミツバチの生活を支える大事なものなのです。

ハチミツはなぜこぼれないのか?

蜜ぶたとハチミツの写真

さて、この巣房。実はすべて上向きに作られています。

全ての六角形の入り口は少しだけ天井の方を向いているのです。本当に少しです。その理由は「ミツバチのみぞ知る」ですが、これのおかげでハチミツがこぼれないのは間違いないと思います。

それは巣枠を水洗いするとよくわかります。

巣枠を垂直に立てた状態でシャワーで水をかけると、かけた水が巣房の中に貯まって全くこぼれないのです。さらに、地面に垂直の状態を保っていれば、多少上下左右にふったところで水はこぼれてきません。

ネバネバの蜂蜜(はちみつ)ではなくサラサラの水がです。

はじめてこれを体験したときは「おおーっ!」といってしまいました。

なので、洗うときは水をためた巣枠をひっくり返して上下逆さまにしてからふるのです。そうするとバシャッと一気に水が出ます。

ちょっと気持ちいいです。もちろん乾かすときも上下逆さまにしています。洗ったコップと一緒ですね(笑)

この上向き構造のおかげでハチミツがこぼれないのです。

ちなみに何で巣枠を水洗いするのかっていうと、少しでもハチミツが残っていると保管するときに色んな虫が寄ってくるのです。

アリならまだしもGは嫌です! だから保管する巣枠はしっかり水洗いすることにしています。

まとめ

  • 巣房とは
    •  ミツバチがつくる六角形の部屋のこと
    • ハニカム構造なのにもろい
  • 巣房の用途は
    • 育児と食料の貯蔵に使われる
      • ミツバチの幼虫は巣房で育つ
      • はちみつをつくる
      • 花粉をつめる
  • はちみつはなぜこぼれないのか?
    •  ちょっと上むきに作られているから

以上、きっと誰かに話したくなる「みつばちの巣」のはなしでした。

では、また ^ ^

 

次のミツバチの記事>>>彼岸花をみておもう ミツバチはイワシみたいなもの・・・

前のミツバチの記事>>>ミツバチの女王蜂は働き蜂に「つくられる」って知ってますか?