蜜蝋(みつろう)やプロポリスを簡単に落とす方法

隔王版 汚れた

この記事では「蜜蝋(みつろう)やプロポリスを簡単に落とす方法」を紹介します。

夏の流蜜も終わり役目がなくなった隔王板を引き上げてきました。

隔王板は「かくおうばん」と読みます。採蜜の時期に使うもので、蜂蜜を貯めるスペースに女王蜂が行けないようにするための道具です。

使い終わった隔王板は蜜蝋やプロポリスでネトネトになっています。

この蜜蝋とプロポリスが厄介なのです。

蝋(ろう)や樹液のヤニなので、普通に掃除しても落ちません。

熊手みたいな隔王板の掃除に使う専用の道具もあるのですが、まずキレイには落ちません。

仕方がないのでトーチバーナーで軽く炙って拭き取ったりしていたのですが、ひょんな事からこれらの汚れを簡単に落とす方法を見つけました。

これを使えば、面倒な隔王板の掃除も楽チンです。

養蜂器具(隔王板)をきれいに掃除する

蜜蝋(みつろう)やプロポリスでネトネトを簡単に落とす方法とは、ずばり「オキシ漬け」です。

オキシ漬けとは汚れものを酸素系漂白剤の溶液に漬け込んでピカピカにする主婦に話題のお掃除技です。

オキシ漬けにすれば、普通にこすっても落ちない頑固な汚れである蜜蝋(みつろう)やプロポリスも簡単に落ちてしまうのです。

例として、隔王板(かくおうばん)をきれいにする方法を紹介します。

1. 隔王板(かくおうばん)を入れる容器を用意する

隔王板がすっぽり入る容器を用意します。

隔王板の場合、水漏れしないように大きなビニール袋を敷いた巣箱の蓋が便利です。

当たり前ですが、巣箱の蓋なので隔王板がぴったり入ります。

ビニール袋を敷くことで巣箱の蓋に隙間や穴があっても問題なく使えるのです。

2. 酸素系漂白剤を用意する

酸素系漂白剤を用意します。

正式名称は過炭酸ナトリウムといいます。

お洗濯やキッチン用品の消毒に使ったりするもので、ホームセンターや大型スーパーで粉末状のものを購入できます。

余っても家事に流用できますので大きなサイズのもので問題ありません。

3. 隔王板をオキシ漬けにする

容器へ汚れた隔王板を入れてオキシ漬けにします。

隔王板と溶液が入ると移動しにくくなるので、先に邪魔にならない場所に容器をセッティングしてから作業したほうが良いです。

酸素系漂白剤は温度が高い方が反応が良いので、40℃以上のお湯を使って溶液を作ります。

また、保温のために容器に蓋をしておくとさらに効果が上がります。

最低でも丸一日は溶液に漬け込みます。

4. 隔王板を溶液の中でこする

漬けこんで落ちやすくなった蜜蝋(みつろう)やプロポリスをこすり落とします。

ゴム手袋をして溶液の中に入れたままタワシなどで軽くこすります。

溶液の中でこするのがポイントです。

溶液は、家庭のお掃除に使うセスキ炭酸水や重曹電解水みたいなものです。

ただ、セスキ炭酸水や重曹電解水よりも強力なので取り扱いには十分注意しましょう。

5. 隔王板についた溶液を水洗いする

蜜蝋(みつろう)やプロポリスをこすり落とした後は、流水で溶液をしっかりと洗い流してください。

残ると白くなりますからね。

 

以上、蜜蝋(みつろう)やプロポリスを簡単に落とす方法でした。

では ^ ^


次のミツバチの記事>>>ミツバチの女王蜂は働き蜂に「つくられる」って知ってますか?

前のミツバチの記事>>>ミツバチがオオスズメバチに襲われたときにすること