ミツバチは針を使うと死ぬ・・・ とは限らない

ミツバチのお尻

今回はミツバチのことを書きます。

毒針の話です。

ミツバチのお尻についている毒針の特徴などを刺されたときの対処法を含めて説明します。

刺さると抜けない針

ミツバチは刺すと死んでしまう・・・ これはよく知られた話だと思います。

でも、これって働き蜂(はたらきばち)だけに当てはまることで、女王蜂と雄蜂には関係ありません。

それに毒針を使う相手にもよります。

そんな意外と知らないミツバチの針のことを、働き蜂、女王蜂、雄蜂の3つに分けて説明していきたいと思います。

まず、働き蜂の持つ針です。

これには返し(かえし)というトゲトゲがついていて、刺さると取れないようになっています。

そのおかげで相手にたっぷりと毒を送ることができるのですが、針が抜けないので、刺した本人(蜂)は針が内臓ごとひきちぎれて死ぬことになります。

よくいうミツバチは針を使うと死ぬ・・・ というのはこれです。

ただ、このトゲトゲが引っかって取れないというのは、毒針が人間や動物の皮膚に刺さった場合の話で、昆虫が相手だと別に引っかからないみたいです。

なので、昆虫同士の戦いならば、針を使ったから死ぬということはありません。

使うと死ぬのは相手によるのです。

 

そんな働き蜂の針ですが、基本的には巣や自らの身体に危険が迫ったときだけにしか使いません。

外敵にしか向けない武器だということです。

なので、人が普通に生活している分にはミツバチに刺されるということはそうそうありません。

でも、もし刺されてしまった場合には、毒針を抜く必要があります

刺さると抜けない仕組みになっているので、たとえ刺したミツバチを潰したとしても、肌に毒針が残されるからです。

そして、この毒針は可能な限り速やかに抜く方が良いです。

なぜなら、ミツバチの針には毒の袋がついていて、主人がいなくなっても敵に毒が注入し続けられるようになっているからです。

早く抜かないとどんどん毒が体に入ってきてしまうのです。

さらにミツバチの近くで食べてはいけないもので書きましたが、働き蜂は針を出すときに仲間に危険を知らせる匂いを出すので、針をそのままにしておくと追撃、他の蜂に刺される可能性が高いです。

なので、刺されたときは可能な限り速く針を抜く方が良いです。

その際、普通に指で針をつまんでも抜くことはできますが、毒の袋を摘んでしまうとムニュッと余計な毒が出てしまうので、なるべくなら薄くて平たいものを使って、こそぎ落とすようにしてやると良いです。

カード状のもの、クレジットカードやポイントカードみたいなやつですね。

なんなら爪でも良いです。

ちょっと手前の肉に当てて、刺されたところを引っ掻くようにして針を抜きます。

 

次に女王蜂の針です。

あまり知られていませんけど女王蜂にもちゃんと針があります。

女王蜂の針は長くて返しのトゲトゲがついていません。

なので、何度でも使えますし使ったから死ぬということもありません。

そんな女王蜂の針ですが、向ける相手も決まっています。

他の女王蜂です。

ミツバチの習性として、巣が大きくなると分蜂(巣別れ)をします。

元々いた女王蜂と群れの半分のミツバチが新天地を求めて旅立つのです。

関連記事>>> ミツバチが大量に群がるあの行動の正体は?

この分蜂で古い女王蜂が旅立ったあとに、残された巣では新人の女王蜂同士が戦いを始めます。

今後、女王として君臨するのが誰かを決めるのですが、女王蜂の針はそのバトルの時にだけ使われます。

まあ、女王蜂ってのは基本巣から出ないし、外敵が来ても戦うのは働きバチですからね。

身内の喧嘩にしか使いようがないというわけです。

オスとメスの違い

最後は雄蜂の針です。

でも、実は雄蜂には毒針がありません。

毒がないのではなく、針そのものがないのです。

なぜなら、蜂の針というのは産卵管が変化したものなのでメスにしかないものだからです。

ちなみに女王蜂も働き蜂も両方ともメスです。

ミツバチのオスは働かないのですが、戦うための武器すらもっていないのです。

メスに食べさせてもらい、メスに守ってもらう。

己の存在価値は交尾のみ・・・ 潔いヒモっぷりです(笑)

*雄蜂の普段の生活は雄蜂のお役目に詳しく書いているので興味のある方は読んでみてください。

 

さらっと書いてしまいましたが、蜂はメスにしか針がないって結構「ええぇっー!!」な話ですよね。

私もミツバチを飼うまで、まったく知りませんでした。

蜂の代名詞である「毒針」はメス限定の武器であり、オスには針そのものがない。

だから、蜂で刺すのはメスだけでオスは絶対に刺さないのです。

これはいつか何かの役にたつかもしれないので、覚えておくといいと思います ^ ^

 

ちなみにスズメバチも同じですよ。

毒針があるのはメスだけで、オスには針そのものがないです。

だから、おっかないスズメバチもオスだったらお触りOKです。

まあ、オスを見分けられればの話ですがね(笑)

 

以上、意外と知らないミツバチの針の話でした。

では、また^ ^


次のミツバチの記事>>> 蜜源植物のはなし 生垣にも花は咲き、ミツバチが来ることを知る 

前のミツバチの記事>>> セイタカアワダチソウの蜂蜜を見かけないのは何故か?