ミツバチの巣の近くでバナナを食べると危険だって知ってますか?

この記事はミツバチの警戒フェロモンのことを紹介します。

蜂(はち)に関する注意事項でよくきくのが、「黒い服で近づいてはいけない」と「匂いの強い整髪料や香水をつけない」の2点です。

でも、ミツバチに関してはもうひとつ「巣の近くでバナナを食べてはいけない」というのがあることをご存知でしょうか?

バナナとはあの黄色いバナナのことです。

この記事を読むとその理由を知ることができます。知ると誰かにはなしたくなるミツバチのはなし、茶飲み話のネタにでもしてくれればと思います。

ミツバチは匂いで危険を知らせる

養蜂業界では「ミツバチをさわる前にバナナを食べてはいけない」という格言が古(いにしえ)より伝わっています。

なぜでしょう?

その答えはミツバチの警戒フェロモンのにおいにあります。

警戒フェロモンとはミツバチが仲間たちに「やばいぞ、きをつけろ!」と知らせるために発する「におい」のことです。要はミツバチたちのエマージェンシーのサインです。

このにおいが何を隠そうバナナのにおいなのです。

まあ、化学的な成分がどうとかはよくわかりませんが、現場で嗅ぐそのにおいは間違いなくバナナのにおいです。

それも、どちらかといえばバナナそのものというより、バナナ味のお菓子に使われているにおいに近いとても人工的な香りがします。

エマージェンシーのサインである警戒フェロモンは、ミツバチが攻撃的になるきっかけみたいなものなので、バナナを食べたあとにミツバチをさわると警戒フェロモンのにおいと勘違いされて刺されるぞということです。

これが「ミツバチをさわる前にはバナナを食べるな」という格言の意味するものです。

養蜂家の職業病

そんなこともあり養蜂をやっているとバナナのにおいに敏感になります。

警戒フェロモンを感じたミツバチはヘタしたらまとめて襲ってくるので、バナナのにおいは養蜂家にとっても「やばいぞ。きをつけろ!」のエマージェンシーのサインになるからです。

刺され慣れているとはいえ、だれも好き好んで痛い思いしたくないです。なので、内検中(巣箱の中をみること)にバナナの匂いを感じた場合は、すぐに燻煙器をつかって煙をかけてバナナのにおいをごまかします。そして、いったん体の動きをとめて敵でないことをミツバチにアピールすることになります。

そんなふうに養蜂家の体には「バナナの匂いが危険なもの」だということが体に刷り込まれているので、養蜂家は日常生活でもバナナの匂いを嗅ぐと心臓がキュッとなってします。

パブロフの犬てきなやつですね。

私の場合、うちの子どもがチョコバナナアイスが好きなので、夏はゴミ箱のフタを開けるたびにその匂いがして心臓がキュッとなってました。

職業病です(笑)

あなたの周りでもバナナの匂いに過敏に反応している人がいたら、かくれ養蜂家かもしれません。

注意してみてみましょう ^ ^

越冬中のミツバチ

先日、越冬中のミツバチの巣箱をあけたら、ものすごい勢いで威嚇されたうえにバナナの匂いがしまくっていたので今回の記事を書いてみました。

いや、ぬくぬくしているところを邪魔した私が100%わるいのですけどね。

越冬中のミツバチのことを知りたい方は冬きたる。花の少ない冬、ミツバチはどうしているか?を読んでみてください。

以上、ミツバチの警戒フェロモンの話でした。

では、また^ ^

 

次のミツバチの記事>>>ミツバチは煙(けむり)で太古の記憶がよみがえる・・・らしい

前のミツバチの記事>>>冬きたる。花の少ない冬、ミツバチはどうしているか?