信玄棒を求めて夕方の工場へ 桔梗屋信玄餅工場テーマパーク 山梨県笛吹市

桔梗信玄餅工場テーマパーク 看板

山梨といえば桔梗信玄餅ですが、個人的には桔梗信玄棒の方がお気に入りです。

餅(もち)ではなく棒(ぼう)です。

工場に行くとポリ袋にみっちり詰められたお得なアウトレット品が買えるので、うまい鰻(うなぎ)を食べに山梨へ 日帰り温泉 正徳寺温泉 初花に行ったついでに笛吹市にある工場へ寄ってみました。

以下、そのときの様子を紹介します。

桔梗屋の工場アウトレット

訪問は日曜日の夕方、16時頃です。

車は工場前の駐車場に止めました。敷地の周りにたくさんの駐車場が用意されているので、駐車場の空きを気にせずに訪問できるのもこちらの良いところです。

まずは工場アウトレット社員特価販売1/2に行きました。

ここでは色々なお菓子がお得な値段で買えます。桔梗屋さんで作っているのは桔梗信玄餅だけではありません。甘いお菓子の他にもおせんべいやチーズ等のアウトレット商品が沢山並んでいます。

店内は人がそれなりにいました。

やはり時間帯が遅いせいか並んでいる商品が少なかったです。今回欲しかった桔梗信玄棒のアウトレット品もありませんでした(泣)

まあ、仕方がないですね。時間が時間ですから。

お気に入りのせんべい「ふっくらサラダ 久助」と「徳用ふぞろいあんドーナツ」を買って向かいのグリーンアウトレット1/2へ向かいます。

有名なお菓子の詰め放題はこちらでやっています。

社員特価販売1/2の向かい側にあり、詰め放題の他にも野菜などの農産物やワインなどを販売しています。あと「桔梗信玄ソフト」もこちらです。

こちらは店内にあまり人がいません。

農産物が中心に並ぶ店舗なので、この時間帯の品薄感は社員特価販売1/2よりも目立ちました。

アイス売り場に職員さんの等身大のパネルがあり「私の発注ミスで仕入れが多くなりました。だから安く売ります」みたいことが書いてあるのが笑いを誘います。

店舗内は品薄でも、アイス売り場の「桔梗信玄ソフト」はありました。

バニラアイスに黒蜜ときな粉がかかった間違いないやつです。こちらに来た時は必ず食べています。でも、今回はお腹がいっぱいなので食べられません。なぜならうなぎを食べたばかりだからです。(参考:うまい鰻(うなぎ)を食べに山梨へ 日帰り温泉 正徳寺温泉 初花

後ろ髪を引かれる思いでこちらを後にしました。

 

桔梗信玄棒がどうしても食べたいので桔梗屋東治郎さんに探しに行きます。

工場に向かって右側の建物の中にあり、こちらではお土産や贈答品用のお菓子を色々と売ってます。

要は綺麗にパッケージされた正規品です。

こちらの店舗は取り扱う商品の性質上、夕方でも品薄になるということはないようです。

そのせいか夕方でも非常に混雑している印象を受けました。他の店舗が品薄で流れて来る人がいるのと、店舗の奥にテーマパークカフェがあるせいかもしれません。

他に比べると圧倒的に人が多かったです。

桔梗信玄棒

こちらで桔梗信玄棒を見つけました。

正規品なのでちょっとお高いですがゲットできたので満足です。

まとめ

この時間帯の訪問でも正規品は普通に購入できましたが、アウトレット品はほとんどありませんでした。

ただ、ここの目玉商品である「桔梗信玄ソフト」はこの時間でも食べられたので、「桔梗信玄ソフト」を目当てに来るのなら、夕方にきた方が人が少なくてよいかもしれません。

工場なので正規品の品切れもないと思います。

アウトレット品にこだわらなければ、夕方にふらっときて桔梗信玄ソフトと桔梗屋商品の正規品をゲットして帰るのはありですね。

あと、こちらはお弁当も有名みたいです。

なんどか訪問していますが知りませんでした。なので、今度はそちらもチェックしてみたいと思います。

以上、桔梗信玄餅工場テーマパークの様子でした。

 

では ^ ^

桔梗信玄餅工場テーマパークの場所


学んだこと

  • 夕方になるとアウトレット商品はなくなる
  • 夕方でも桔梗信玄ソフトは食べられる
  • 夕方でも正規品はたくさんある