コスモスとミツバチ

10月 コスモスに訪花するミツバチ

コスモスにミツバチが来ていました。

蜜源植物としての価値など、コスモスについて調べたことを書き留めておきます。

コスモスの蜜源植物としての価値

コスモスの蜜源価値としての価値はありだ。本には蜜源と花粉源になると書かれている。しかもグッド評価。

まあ、実際ミツバチが来ているので間違いなしだ。

コスモスはキク科なので、ヒマワリやセイタカアワダチソウの仲間になる。他にもタンポポ、センダングサ、ベニバナ、アザミなどキク科には蜜源植物として評価の高いものが多い。

やっぱりミツバチはキク科が好きなのだ。(関連記事:ミツバチが好きな花には特徴がある

 

キク科の仲間にざっと目を通していて気になったのが、アーティチョークの存在。

アーティチョークはお野菜のイメージがあったが、和名はチョウセンアザミといい、実は巨大なアザミなのだ。アザミはもちろん評価グッドの蜜源植物。

あのサイズで咲くアザミだ。そりゃミツバチ大喜びだろう。

覚えておこう。

コスモスの種類

他に興味を引いたのはコスモスは1つではないということ。

コスモスというと、アスパラみたいな細かい葉っぱにピンクや紫系のひらっとした花が着くいわゆる普通のコスモスのイメージしかなかったが、他にもあるのだ。

いわゆる普通のコスモスはオオハルシャギクというもので、ほかにキバナコスモスとチョコレートコスモスというのがある。

キバナコスモスは黄色やオレンジ、チョコレートコスモスは茶色っぽい花をつけるが、これらは品種の違いというわけではなく根本的に違うものらしい。

    • 普通のコスモス  属:コスモス属 種:オオハルシャギク
    • キバナコスモス  属:コスモス属 種:キバナコスモス
    • チョコレートコスモス 属:コスモス属 種:チョコレートコスモス

同属別種というやつで、キバナコスモスといわゆる普通のコスモス(オオハルシャギク)とは交配不可らしい。でも、キバナコスモスとチョコレートコスモスとは交配可とのこと。

小難しいことはわからないが、要はミツバチで言うところのセイヨウミツバチとニホンミツバチ (トウヨウミツバチ)の違いみたいなものなのだと思う。

覚えておこう。

ちなみにウインターコスモスというのもあるが、これはコスモスではない。

属が全然違う。ウインターコスモスはコスモス属ではなくセンダングサ属、センダングサの仲間なのだ。

これも覚えておこう。

まとめ

    • コスモスはグッド評価の蜜源植物
    • キク科でヒマワリやセイタカの仲間
    • アーティチョークは巨大なアザミ
    • コスモスは3種類ある
    • ウインターコスモスはセンダングサの仲間