家庭菜園でオススメなのは 冬の大根(だいこん)だと思う

この記事は、私が秋冬の家庭菜園で必ず育てる野菜を紹介します。

秋の畑で何を育てるか・・・

8月も後半になると誰しもが悩むことですね。

私もまったく決まっていませんが、とりあえず大根(だいこん)を育てることだけは決定しています。

なぜなら大根(だいこん)は私の中では冬野菜の主役だからです。

まあ、夏野菜で言えばトマトみたいなものです。

まずはそいつを育てるスペースををキープし、空いたスペースに何を植えようかな・・・ と考える。

そんな菜園計画においてメインのポジションを占めるもの。

それが大根(だいこん)だということです。

もちろんこれは「私の場合はという話です。人によってはこれが白菜(はくさい)だったり、ネギだったりするかもしれませんが、私の場合は大根(だいこん)が冬野菜の主役になります。

それありきの野菜なので、秋になったら大根(だいこん)を育てるのは無条件で決定しているのです。

それに「家庭菜園はじめるけどオススメの野菜は何?」と聞かれたときも、即答で大根(だいこん)と答えています。

だって、主役ですからね。

“家庭菜園でオススメなのは 冬の大根(だいこん)だと思う” の続きを読む

アイスヨーグルトを食べたくて 富士山高原いでぼくミルクハウス 静岡県富士宮市

静岡にある富士山高原いでぼく ミルクハウスに行ってきました。

いでぼくのジェラートが食べたかったのです。ミルクのやつ。

サービスエリアでも見かけるいでぼくですが、ジェラートはサービスエリアでは食べられません。ソフトクリームやクレープよりもジェラートの方がミルク感が味わえるのです。

富士宮は山梨県側からでも本栖湖-朝霧高原を抜けてくれば意外に近いので、信玄棒を求めて夕方の工場へ 桔梗屋信玄餅工場テーマパーク 山梨県笛吹市のあとに寄ってみました。

以下、そのときの様子です

“アイスヨーグルトを食べたくて 富士山高原いでぼくミルクハウス 静岡県富士宮市” の続きを読む

信玄棒を求めて夕方の工場へ 桔梗屋信玄餅工場テーマパーク 山梨県笛吹市

山梨といえば桔梗信玄餅ですが、個人的には桔梗信玄棒の方がお気に入りです。

餅(もち)ではなく棒(ぼう)です。

工場に行くとポリ袋にみっちり詰められたお得なアウトレット品が買えるので、うまい鰻(うなぎ)を食べに山梨へ 日帰り温泉 正徳寺温泉 初花に行ったついでに笛吹市にある工場へ寄ってみました。

以下、そのときの様子を紹介します。

桔梗屋の工場アウトレット

訪問は日曜日の夕方、16時頃です。

車は工場前の駐車場に止めました。敷地の周りにたくさんの駐車場が用意されているので、駐車場の空きを気にせずに訪問できるのもこちらの良いところです。

まずは工場アウトレット社員特価販売1/2に行きました。

ここでは色々なお菓子がお得な値段で買えます。桔梗屋さんで作っているのは桔梗信玄餅だけではありません。甘いお菓子の他にもおせんべいやチーズ等のアウトレット商品が沢山並んでいます。

店内は人がそれなりにいました。

やはり時間帯が遅いせいか並んでいる商品が少なかったです。今回欲しかった桔梗信玄棒のアウトレット品もありませんでした(泣)

まあ、仕方がないですね。時間が時間ですから。

お気に入りのせんべい「ふっくらサラダ 久助」と「徳用ふぞろいあんドーナツ」を買って向かいのグリーンアウトレット1/2へ向かいます。

有名なお菓子の詰め放題はこちらでやっています。

社員特価販売1/2の向かい側にあり、詰め放題の他にも野菜などの農産物やワインなどを販売しています。あと「桔梗信玄ソフト」もこちらです。

こちらは店内にあまり人がいません。

農産物が中心に並ぶ店舗なので、この時間帯の品薄感は社員特価販売1/2よりも目立ちました。

アイス売り場に職員さんの等身大のパネルがあり「私の発注ミスで仕入れが多くなりました。だから安く売ります」みたいことが書いてあるのが笑いを誘います。

店舗内は品薄でも、アイス売り場の「桔梗信玄ソフト」はありました。

バニラアイスに黒蜜ときな粉がかかった間違いないやつです。こちらに来た時は必ず食べています。でも、今回はお腹がいっぱいなので食べられません。なぜならうなぎを食べたばかりだからです。(参考:うまい鰻(うなぎ)を食べに山梨へ 日帰り温泉 正徳寺温泉 初花

後ろ髪を引かれる思いでこちらを後にしました。

 

桔梗信玄棒がどうしても食べたいので桔梗屋東治郎さんに探しに行きます。

工場に向かって右側の建物の中にあり、こちらではお土産や贈答品用のお菓子を色々と売ってます。

要は綺麗にパッケージされた正規品です。

こちらの店舗は取り扱う商品の性質上、夕方でも品薄になるということはないようです。

そのせいか夕方でも非常に混雑している印象を受けました。他の店舗が品薄で流れて来る人がいるのと、店舗の奥にテーマパークカフェがあるせいかもしれません。

他に比べると圧倒的に人が多かったです。

桔梗信玄棒

こちらで桔梗信玄棒を見つけました。

正規品なのでちょっとお高いですがゲットできたので満足です。

まとめ

この時間帯の訪問でも正規品は普通に購入できましたが、アウトレット品はほとんどありませんでした。

ただ、ここの目玉商品である「桔梗信玄ソフト」はこの時間でも食べられたので、「桔梗信玄ソフト」を目当てに来るのなら、夕方にきた方が人が少なくてよいかもしれません。

工場なので正規品の品切れもないと思います。

アウトレット品にこだわらなければ、夕方にふらっときて桔梗信玄ソフトと桔梗屋商品の正規品をゲットして帰るのはありですね。

あと、こちらはお弁当も有名みたいです。

なんどか訪問していますが知りませんでした。なので、今度はそちらもチェックしてみたいと思います。

以上、桔梗信玄餅工場テーマパークの様子でした。

 

では ^ ^

桔梗信玄餅工場テーマパークの場所


学んだこと

  • 夕方になるとアウトレット商品はなくなる
  • 夕方でも桔梗信玄ソフトは食べられる
  • 夕方でも正規品はたくさんある

うまい鰻(うなぎ)を食べに山梨へ 日帰り温泉 正徳寺温泉 初花 山梨県山梨市

山梨にある正徳寺温泉初花に行ってきました。

お目当は鰻(うなぎ)です。

正徳寺温泉初花は山梨県山梨市にある日帰り温泉施設なのですが、元々は鰻を養殖する養鰻業と鰻料理専門店を営んでいたそうで、施設内にある食事処で本格的な鰻料理が味わえるのです。

葡萄(ぶどう)を食べに山梨へ 釈迦堂東口園 山梨県甲州市に行ったついでに、せっかくだったら美味い鰻も食べてくか・・・ ということでランチに寄りました。

もちろん温泉も。

以下、そのときの様子を紹介します。

“うまい鰻(うなぎ)を食べに山梨へ 日帰り温泉 正徳寺温泉 初花 山梨県山梨市” の続きを読む

葡萄(ぶどう)を食べに山梨へ 釈迦堂東口園 山梨県甲州市

山梨にある釈迦堂東口園に行ってきました。

釈迦堂東口園は中央自動車道の勝沼ICそばにある果樹園です。

桃や葡萄の直売のほかにとれたてをその場で味わえるフルーツプレートなるものがあります。

8月終わりの日曜日、ぶどう狙いでフルーツプレートを食べてきました。

以下、そのときの様子を紹介します。

2019/10/6追記>> 2019の営業は9月16日までのようです。詳細は釈迦堂東口園の公式ホームページで確認できます。

2018/10/31追記 >>>2018年のぶどうは、2018年は9月12日で完売してしまったようです。

“葡萄(ぶどう)を食べに山梨へ 釈迦堂東口園 山梨県甲州市” の続きを読む

蜜蝋(みつろう)やプロポリスを簡単に落とす方法

蜜蝋やプロポリスの汚れというのは養蜂につきものなのですがとても厄介な代物です。

普通に洗っても落ちませんからね。

養蜂器具にくっついた蜜蝋やらプロポリスを落とすのに良い方法を見つけたので紹介します。

*お鍋やボウルについてしまった蜜蝋の落とし方は別記事の蜜蝋の簡単な落とし方に書いています。

“蜜蝋(みつろう)やプロポリスを簡単に落とす方法” の続きを読む

トマトの育て方 わき芽は取らないで結べば良いことを知る

2018シーズンのトマト栽培では、トマトのわき芽を取らないで結ぶという斬新な育て方を試してみました。

きっかけは雑誌で読んだとある記事です。

そこには「トマトのわき芽は取らずに一本の支柱に結んでおくと、植物ホルモンの巡りが良くなって植物が良く育つ」というようなことが書かれていました。

とても興味深い内容だったので、実際にトマトのわき芽をまったく取らないで育ててみることにしたのです。

結果は上々でトマトに毛が生えました ^ ^

トマトのわき芽は取らないで結ぶのは「あり」です。

トマトのわき芽を取らないとどうなるか、わき芽は取らないほうが良いと思う理由、失敗から学んだ支柱の重要性を紹介します。

“トマトの育て方 わき芽は取らないで結べば良いことを知る” の続きを読む

青唐辛子は佃煮にすると美味いことを知る

家庭菜園で作っている韓国唐辛子(かんこくとうがらし)にたくさんの青い実が着いていたので、いくつか収穫してきました。

韓国唐辛子はタカノツメよりも大きくてシシトウみたいなので、青唐辛子として食べてみようかなと思ったのです。

青唐辛子の食べ方をググってみたところ、香川県のうどん屋さんにある「青唐辛子の佃煮」がすごく美味しいらしいことがわかりました。

青唐辛子の佃煮・・・ う、うまそう!!

ということで、見よう見まねで青唐辛子の佃煮を作ってみることにしました。 “青唐辛子は佃煮にすると美味いことを知る” の続きを読む

ミツバチがオオスズメバチに襲われたときにすること

2018年8月某日、今年初めてオオスズメバチの襲撃がありました。

巣箱の出入り口にはオオスズメバチが入れないようにミツバチだけが通れる網目の金網を貼ってあります。なので、巣箱内への侵入は阻止できましたが、巣箱の前には累々たるミツバチの屍が広がっていました。

強者が弱者を喰らう。自然の摂理とはいえ何度見ても心が痛みます。

天災のようなものなのだと思って諦めている部分もありますが、我が社の社員が虐殺されるのを指を加えて見ているわけには行きません。オオスズメバチを捕らえるトラップを仕掛けておきました。

実は、オオスズメバチには決定的な弱点があるのです。

ミツバチを飼う人にとってはよく知られたことなのですが、一般にはあまり知られていないオオスズメバチとミツバチの関係、習性を利用した効果的なトラップのことを紹介したいと思います。

よかったら話のタネにでもしてください。
“ミツバチがオオスズメバチに襲われたときにすること” の続きを読む