失敗から学ぶ ぼかし肥料づくり

この記事は、ぼかし肥料を作るならこうした方が良いよということを紹介します。

家庭菜園で使うために、おうちで精米したあとの米ぬかを使ってぼかし肥料を作りました。

いつになく真面目に材料の分量を測ったりしてみたのですが、結果はイマイチ・・・。

でも、失敗は成功のもと。

次回につなげるため、このときの作り方や失敗したなと思うポイントを書き留めておくことにします。

“失敗から学ぶ ぼかし肥料づくり” の続きを読む

失敗から学ぶ家庭菜園 支柱のこと

この記事は、強い風に耐えるためにはこういう支柱にしようという話を紹介します。

先日の台風で、畑をメタメタにされました。

台風21号というやつです。

畑の野菜が軒並み倒されていました(泣)

せっかく育てた野菜がダメになってしまったことはとても残念なのですが、所詮は家庭菜園です。

農家さんたちのように生活がかかっているわけではありません。

そのおかげで学べたこともあるので良しということにしておきます。

今回、学んだことは「畑の支柱はなるべく頑丈なものを深く埋めるべし」ということです。

いままでは、支柱なんて長さが足りてれば何でもいいか・・・ と思っていたのですが、これっぽっちも良くないですね。

2018年の台風21号はそのことを教えてくれました。

支柱はちゃんとした頑丈なものを使わなければいけません。

それもきっちりと深く埋めてです。 “失敗から学ぶ家庭菜園 支柱のこと” の続きを読む

イオンの惣菜売り場で買えるうまい弁当 「オリジンのり弁当」の魅力を語る

大手スーバーのイオンにあるお惣菜コーナーにはたくさんのお弁当が売られていますが、そのたくさんあるお弁当の中で私が選ぶものは、たいてい「オリジンのり弁当」です。

理由は、おかずのチョイスが好みだからです。そしてお値段も安い。

お味の方も、「ザ・弁当」という感じの味付けで私は好きです。揚げ物中心のおかずですが意外に油っぽくないのです。この値段でこのクオリティなら大満足です。

今回はこの「オリジンのり弁当」の魅力を一つずつ語らせてもらいます。

“イオンの惣菜売り場で買えるうまい弁当 「オリジンのり弁当」の魅力を語る” の続きを読む

大根(だいこん)の育て方 栽培前の予習で黒くなる病気の原因を知る。

この記事は、私が秋に大根(だいこん)を栽培するにあたり予習した内容を紹介します。

家庭菜園で野菜をうまく育てるには、予習が大事だと思います。

なぜなら、野菜栽培は、後戻りができないからです。

やってしまってから間違いに気付いても、「元に戻す」ボタンはありません。間引いた芽は元に戻らないし、枯れた葉っぱも元には戻らないのです。

やらかしたら最後、ぜったい元には戻せない。

それが野菜の栽培です。

しかも、野菜は刻一刻と成長していきます。

どうしたらいいかわからないから、ちょっと待ってて・・・ というわけにはいきません。

その場、その時に対応しないといけないのです。

間違えたらアウトなのに、即答をもとめられるということです。

だから、いざそのときになって困らないように、予習をしておくことがとても大事だと思っています。

 

ということで、家庭菜園でオススメなのは 冬の大根(だいこん)だと思うで書いたように、すでに育てることが決まっている大根(だいこん)についても予習をすることにしました。

大根を育てるときに頭に入れておくべきことのほか、予習の過程でみつけた「おお、そうだったんだ」ということを書き留めておきます。

“大根(だいこん)の育て方 栽培前の予習で黒くなる病気の原因を知る。” の続きを読む

家庭菜園でオススメなのは 冬の大根(だいこん)だと思う

この記事は、私が秋冬の家庭菜園で必ず育てる野菜を紹介します。

秋の畑で何を育てるか・・・

8月も後半になると誰しもが悩むことですね。

私もまったく決まっていませんが、とりあえず大根(だいこん)を育てることだけは決定しています。

なぜなら大根(だいこん)は私の中では冬野菜の主役だからです。

まあ、夏野菜で言えばトマトみたいなものです。

まずはそいつを育てるスペースををキープし、空いたスペースに何を植えようかな・・・ と考える。

そんな菜園計画においてメインのポジションを占めるもの。

それが大根(だいこん)だということです。

もちろんこれは「私の場合はという話です。人によってはこれが白菜(はくさい)だったり、ネギだったりするかもしれませんが、私の場合は大根(だいこん)が冬野菜の主役になります。

それありきの野菜なので、秋になったら大根(だいこん)を育てるのは無条件で決定しているのです。

それに「家庭菜園はじめるけどオススメの野菜は何?」と聞かれたときも、即答で大根(だいこん)と答えています。

だって、主役ですからね。

“家庭菜園でオススメなのは 冬の大根(だいこん)だと思う” の続きを読む

アイスヨーグルトを食べたくて 富士山高原いでぼくミルクハウス 静岡県富士宮市

静岡にある富士山高原いでぼく ミルクハウスに行ってきました。

いでぼくのジェラートが食べたかったのです。ミルクのやつ。

サービスエリアでも見かけるいでぼくですが、ジェラートはサービスエリアでは食べられません。ソフトクリームやクレープよりもジェラートの方がミルク感が味わえるのです。

富士宮は山梨県側からでも本栖湖-朝霧高原を抜けてくれば意外に近いので、信玄棒を求めて夕方の工場へ 桔梗屋信玄餅工場テーマパーク 山梨県笛吹市のあとに寄ってみました。

以下、そのときの様子です

“アイスヨーグルトを食べたくて 富士山高原いでぼくミルクハウス 静岡県富士宮市” の続きを読む

信玄棒を求めて夕方の工場へ 桔梗屋信玄餅工場テーマパーク 山梨県笛吹市

山梨といえば桔梗信玄餅ですが、個人的には桔梗信玄棒の方がお気に入りです。

餅(もち)ではなく棒(ぼう)です。

工場に行くとポリ袋にみっちり詰められたお得なアウトレット品が買えるので、うまい鰻(うなぎ)を食べに山梨へ 日帰り温泉 正徳寺温泉 初花に行ったついでに笛吹市にある工場へ寄ってみました。

以下、そのときの様子を紹介します。

桔梗屋の工場アウトレット

訪問は日曜日の夕方、16時頃です。

車は工場前の駐車場に止めました。敷地の周りにたくさんの駐車場が用意されているので、駐車場の空きを気にせずに訪問できるのもこちらの良いところです。

まずは工場アウトレット社員特価販売1/2に行きました。

ここでは色々なお菓子がお得な値段で買えます。桔梗屋さんで作っているのは桔梗信玄餅だけではありません。甘いお菓子の他にもおせんべいやチーズ等のアウトレット商品が沢山並んでいます。

店内は人がそれなりにいました。

やはり時間帯が遅いせいか並んでいる商品が少なかったです。今回欲しかった桔梗信玄棒のアウトレット品もありませんでした(泣)

まあ、仕方がないですね。時間が時間ですから。

お気に入りのせんべい「ふっくらサラダ 久助」と「徳用ふぞろいあんドーナツ」を買って向かいのグリーンアウトレット1/2へ向かいます。

有名なお菓子の詰め放題はこちらでやっています。

社員特価販売1/2の向かい側にあり、詰め放題の他にも野菜などの農産物やワインなどを販売しています。あと「桔梗信玄ソフト」もこちらです。

こちらは店内にあまり人がいません。

農産物が中心に並ぶ店舗なので、この時間帯の品薄感は社員特価販売1/2よりも目立ちました。

アイス売り場に職員さんの等身大のパネルがあり「私の発注ミスで仕入れが多くなりました。だから安く売ります」みたいことが書いてあるのが笑いを誘います。

店舗内は品薄でも、アイス売り場の「桔梗信玄ソフト」はありました。

バニラアイスに黒蜜ときな粉がかかった間違いないやつです。こちらに来た時は必ず食べています。でも、今回はお腹がいっぱいなので食べられません。なぜならうなぎを食べたばかりだからです。(参考:うまい鰻(うなぎ)を食べに山梨へ 日帰り温泉 正徳寺温泉 初花

後ろ髪を引かれる思いでこちらを後にしました。

 

桔梗信玄棒がどうしても食べたいので桔梗屋東治郎さんに探しに行きます。

工場に向かって右側の建物の中にあり、こちらではお土産や贈答品用のお菓子を色々と売ってます。

要は綺麗にパッケージされた正規品です。

こちらの店舗は取り扱う商品の性質上、夕方でも品薄になるということはないようです。

そのせいか夕方でも非常に混雑している印象を受けました。他の店舗が品薄で流れて来る人がいるのと、店舗の奥にテーマパークカフェがあるせいかもしれません。

他に比べると圧倒的に人が多かったです。

桔梗信玄棒

こちらで桔梗信玄棒を見つけました。

正規品なのでちょっとお高いですがゲットできたので満足です。

まとめ

この時間帯の訪問でも正規品は普通に購入できましたが、アウトレット品はほとんどありませんでした。

ただ、ここの目玉商品である「桔梗信玄ソフト」はこの時間でも食べられたので、「桔梗信玄ソフト」を目当てに来るのなら、夕方にきた方が人が少なくてよいかもしれません。

工場なので正規品の品切れもないと思います。

アウトレット品にこだわらなければ、夕方にふらっときて桔梗信玄ソフトと桔梗屋商品の正規品をゲットして帰るのはありですね。

あと、こちらはお弁当も有名みたいです。

なんどか訪問していますが知りませんでした。なので、今度はそちらもチェックしてみたいと思います。

以上、桔梗信玄餅工場テーマパークの様子でした。

 

では ^ ^

桔梗信玄餅工場テーマパークの場所


学んだこと

  • 夕方になるとアウトレット商品はなくなる
  • 夕方でも桔梗信玄ソフトは食べられる
  • 夕方でも正規品はたくさんある

うまい鰻(うなぎ)を食べに山梨へ 日帰り温泉 正徳寺温泉 初花 山梨県山梨市

山梨にある正徳寺温泉初花に行ってきました。

お目当は鰻(うなぎ)です。

正徳寺温泉初花は山梨県山梨市にある日帰り温泉施設なのですが、元々は鰻を養殖する養鰻業と鰻料理専門店を営んでいたそうで、施設内にある食事処で本格的な鰻料理が味わえるのです。

葡萄(ぶどう)を食べに山梨へ 釈迦堂東口園 山梨県甲州市に行ったついでに、せっかくだったら美味い鰻も食べてくか・・・ ということでランチに寄りました。

もちろん温泉も。

以下、そのときの様子を紹介します。

“うまい鰻(うなぎ)を食べに山梨へ 日帰り温泉 正徳寺温泉 初花 山梨県山梨市” の続きを読む

葡萄(ぶどう)を食べに山梨へ 釈迦堂東口園 山梨県甲州市

山梨にある釈迦堂東口園に行ってきました。

釈迦堂東口園は中央自動車道の勝沼ICそばにある果樹園です。

桃や葡萄の直売のほかにとれたてをその場で味わえるフルーツプレートなるものがあります。

8月終わりの日曜日、ぶどう狙いでフルーツプレートを食べてきました。

以下、そのときの様子を紹介します。

2019/10/6追記>> 2019の営業は9月16日までのようです。詳細は釈迦堂東口園の公式ホームページで確認できます。

2018/10/31追記 >>>2018年のぶどうは、2018年は9月12日で完売してしまったようです。

“葡萄(ぶどう)を食べに山梨へ 釈迦堂東口園 山梨県甲州市” の続きを読む

蜜蝋(みつろう)やプロポリスを簡単に落とす方法

蜜蝋やプロポリスの汚れというのは養蜂につきものなのですがとても厄介な代物です。

普通に洗っても落ちませんからね。

養蜂器具にくっついた蜜蝋やらプロポリスを落とすのに良い方法を見つけたので紹介します。

*お鍋やボウルについてしまった蜜蝋の落とし方は別記事の蜜蝋の簡単な落とし方に書いています。

“蜜蝋(みつろう)やプロポリスを簡単に落とす方法” の続きを読む